Trattoria Fiore Cusina Italiana  @麹町
三連休の初日は小雨のぱらつく残念なお天気でしたが、今日は朝から気温が上がって、とっても良いお天気です。
そろそろ梅雨明けでしょうか。

DSCF1930 (480x360)
2014年9月26日は週の最後の金曜日。
この年の1月~3月まで事務所に来ていたIさんが、久しぶりにやって来ました。
上司がお昼時に不在だったので、せっかくなのでOさんと先輩と私の4人で外へランチを食べに出ることにしたのですが、以前来ていたときに美味しいお店は結構紹介してしまっていたのでどうしようか悩んでいたところ、Iさんが「前に入れなかった地下のイタリアンのお店に行ってみたい」と言いました。
自分たちではすっかり忘れていたのですが、そういば、2014年3月20日に「Trattoria Fiore(フィオーレ)Cucina Italiana」に行ったのに満席で入れず、「登龍」へ行ったのでした。
いつも大人気の「フィオーレ」ですが、再度チャレンジ!

外観

地下鉄麹町駅の5番出口を出て日テレ通りを渡ってすぐのニューテシコビルの地下1階です。
赤い屋根と緑色の看板がとても色鮮やかで目立っています。

交差点の角であるお隣のビルには2007年8月3日にランチ訪問し、2010年11月17日2013年11月11日にお弁当を購入した「アジャンタ」があります。

DSCF0137.jpg
「フィオーレ」は、イタリアのトスカーナ以南で親しまれている素朴な田舎料理を楽しめるお店だそうで、2003年にオープンしました。
個人的には生ハーブをたっぷり使っていたのが印象的です。

前回ランチ訪問したのは2013年3月8日だったので、約1年半ぶり、7回目です。
前回お弁当を買ったのは2014年6月25日でした。

DSCF5128_20121026194459.jpg
こちらは以前撮影した写真です。
日テレ通りには店内でのランチメニューの看板が出ています。

DSCF5129_20121026194459.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
日替わりだけでもこれだけあり、メニューはとっても豊富です。

DSCF7199 (480x360)
「フィオーレ」ではお弁当も販売しています。
以前は日テレ通りでもお弁当を販売していましたが、今は地下の入口前のスペースだけです。

DSCF0763.jpg
お弁当は午前10時30分から販売しています。
早い!

DSCF0139.jpg
試したことはありませんが、パニーニやピザもテイクアウト出来るようです。

DSCF0758.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
階段を降りると、壁一面が棚になっていてお弁当がたくさん並べられています。

DSCF0756.jpg
棚の上には天井まで届く大きさのメニュー表が貼り出されています。
お弁当のおかずはイタリアンに限らず、かなり多様です。

DSCF7198 (480x360)
これだけたくさんの種類のお弁当がありますが、全品650円です。
お茶はも激安価格で50円。
販売員さんがフロアの右端に立って一人で販売しています。

DSCF4269_20140314075847f59.jpg
12時10分過ぎにお店に到着すると、お弁当を購入する列とは別に、お店から3人ぐらいの人が出てきたので、「これはもしや、、」と思って店員さんに聞いてみたら、テーブルを片付けるのに少し待ってもらうが、すぐには入れるとのこと。
ラッキー!
最初から諦めないで、チャレンジしてみるものです(笑)。

入口からすぐ右手にケーキの並ぶ冷蔵ケースがあります。

DSCF5102_20121026194816.jpg
少々狭い席とは言われたのですが、そのまま待ちました。

2010_0727画像0015
店内は奥に向かって広がっています。
トラットリアらしく、イタリアン?グッズで埋め尽くされたカジュアルな内装です。
照明はやや暗め。
入ってすぐ右手に厨房があり、その周りにテーブル席が並べられています。

2010_0727画像0010
こちらは厨房です。

このお店はかなり盛りがいいので、イタリアンにしては男性客もかなり多いです。

DSCF0115.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
壁にはディナーメニューの黒板が掛かっていました。

DSCF1913 (480x360)
私たちは一番奥の左側のテーブルに通されました。
長方形のテーブルに4人が横並びに座る感じで、一人が角になります。
私がメンバーの中で一番チビだったので、この席に着席。
右隣のOさんとはかなり近くてやや狭かったです。
でも、食べられるならノープロブレム!

DSCF1912 (480x360)
テーブルには茶色い紙ナプキンが置かれ、右側にフォークとナイフがセッティングされていました。
急いでいたのか、フォークが曲がってナイフにもたれかかっています(笑)。

DSCF1915 (480x360)
卓上には、お水のボトル、紙ナプキン、爪楊枝、唐辛子オイル、唐辛子、唐辛子ペースト?、粉チーズ、塩、コショウ、オリーブオイルなどなど、いろいろなものがのっています。

DSCF5108_20121026194737.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
小さなココットに粉チーズがたっぷりと入っています。
好きなだけ使えるのが嬉しいです。

DSCF5107.jpg
こちらも以前撮影した写真です。
唐辛子ペースト?も、同じく小さなココットに入っていました。

DSCF4278_2014031407580144b.jpg
お水をいただきながら、メニューを検討。

DSCF1904 (480x360)
ランチメニューはとにかく豊富です。
本日のランチメニューだけでも7種類あり、お値段は1,000円から1,300円です。
定番も15種類以上あるほか、前菜などを注文することが出来ます。

DSCF1907 (480x360)
美味しそうなメニューがたくさんあって、とっても悩みます。
少し軽めになんて思っていたはずが、折角来た(しかも、すぐに入店できた)のにパスタの単品じゃ面白くないし、やっぱりいつものPrannzoAかな、、、と思っていたら、PranzoGのSpecialitaなるメニューを発見。
このメニューは初めて見た!
お値段は1,300円と少しお高めでしたが、大好きな「フィオーレ」のスペシャリテ、しかも、ラインナップも美味しそうだったので注文しちゃいました。


パン
DSCF1914 (480x360)
まず最初にパンが登場。
いつも二人分で見ていることがほとんどなので、4人分だと迫力あります。
大きなバスケットの中にパンとチーズペーストの入ったココットが入っています。
大きめのカットのバケットは一人1つで、4つありました。

DSCF1922 (480x360)
パンは皮がパリパリとしていて、中はふんわりやわらか。
素朴なお味です。
お代わり自由です。

DSCF1923 (480x360)
このチーズペーストを食べるのが、「フィオーレ」に来る楽しみの1つです。
パンにたっぷりとチーズをのせて食べると、美味しくってこれだけでパンを食べ切っちゃいそうになります。
いつ食べても、安定した美味しさです。


スープ
DSCF1916 (480x360)
次に小さめの白い器に入ったスープが出てきました。

DSCF1917 (480x360)
ダブルソーサーになっていて、スプーンが添えられています。

DSCF1918 (480x360)
アナウンスはなかったと思うのですが、ミネストローネかな?

DSCF1920 (480x360)
細かく切った野菜がたっぷり入っていて、塩気もしっかりと利いていて、食べごたえ抜群です。

DSCF1921 (480x360)
このスープだけでもかなりボリュームたっぷり。
メインが出てくるまで少し時間がかかるので、スープとパンを食べていました。


PranzoA 本日のランチプレート  (1,000円)
DSCF1925 (480x360)
先輩はPranzoAを注文。
Gにも興味があったようでしたが、私がGをチョイスしたので、敢えてこちらにしてくれました。
カネロニ(筒状パスタ) リコッタチーズ、ひき肉、ほうれん草の詰めもの(リピエーン) クリームソース・チーズグラタン仕立て フンギポルチーニのソース
ナスとベーコンのトマトソーススパゲッティ(トマトソース・バジリコ)
いろいろ茸のサフラン風味リゾット パルミジャーノ仕上げのお皿です。
メニューを書き写すのも大変なぐらい、とにかく盛りだくさんなメニューです。
出てきたお皿は、メニュー説明に負けないぐらい、ゴージャスでした。

DSCF1926 (480x360)
大きな平皿に3種類のお料理がたっぷりと盛りつけてあります。
スパゲッティ、リゾット、カネロニと炭水化物祭りで、オレンジ、黄色など、彩りもとってもキレイ。
先輩、10月に参列する結婚式のために鋭意ダイエット中なのに、ガッツリのボリュームでした(笑)。

DSCF1928 (480x360)
ぱっと見、オムレツだと思っていたお料理は、後から聞いたらカネロニでした。
カネロニってこんなに巨大だったっけ? ビックリ。

DSCF1927 (480x360)
これまで食べていたAメニューって、パスタにプラスしてココットに入ったお肉料理が合わせてあることが多かったですが、お肉がない分、これだけたっぷりと炭水化物を盛ることが出来るのでしょうか。
すごい!
自分でもこのメニューをぜひ食べてみたいです。


PranzoG Specialita  (1,300円)
スパゲッティカルボナーラ 温泉たまご乗せ 
牛肉のシチュー チーズのせオーブン焼きのお皿
DSCF1930 (480x360)
とても大きな丸皿に、牛肉のシチューが入ったココットがのせられ、その前にカルボナーラが盛られていました。

DSCF1933 (480x360)
カルボナーラは細麺でかなりのボリュームで、小山になっています。

DSCF1934 (480x360)
てっぺんに温泉玉子がのせてあり、チーズがふりかけてありました。

DSCF1937 (480x360)
所々に小さくカットしてあるベーコン?が顔をのぞかせています。
これはしっかり味でした。

DSCF1935 (480x360)
クリームのせいか、麺がややくっつきがちで、一口大を取り出すのがちょっと大変。
イメージよりはあっさりした味わいでした。

DSCF1938 (480x360)
麺は食べても食べてもなかなか減りませんが、途中、温泉玉子を崩しました。
トロトロの黄身を見ているだけで美味しそう。
濃厚な味わいで、さらにコクが加わりました。

DSCF1931 (480x360)
牛肉のシチューにはたっぷりのチーズトッピングで、とっても美味しそう。

DSCF1932 (480x360)
生のローズマリーがまるまる1枝、のっけてあります。
これがすっごくいい香り。
普段ならあまりローズマリーの香りって好きではないのですが、ドライではないからなのか、とってもよかったです。
あまりの香りで隣の先輩にも越境し、自分の料理にローズマリーがトッピングしてあるみたい、と言っていました(笑)。
こちらのお店のハーブ使いの本領発揮です。

DSCF1939 (480x360)
写真を撮っていたり、珍しく食べるのに時間がかかり、かなり遅れていたので牛シチューは急いで食べました。
濃厚なソースの味わいで、お肉もかなりたっぷりと入っていました。
少し歯応えのあるお肉はゴロゴロと入っていて、スペシャルの名前にふさわしかったです。


PranzoC 本日の生パスタ  (1,000円)
自家製生パスタ リングイネ ゴルゴンゾーラチーズのクリームソース(生クリーム・チーズ)
DSCF1936 (480x360)
Oさんは本日の生パスタを注文。
ボリューム自慢のこちらのお店ですが、生パスタのせいか、すごくこぢんまりと見えちゃいます。
Oさんも周りのお料理を見回して、ちょっとガッカリ気味?!(笑)。


Iさんは、写真はありませんが、PranzoBの本日のパスタ2種盛り合わせを食べて、一つだけでも少ないお店の量ぐらいあるボリューム感に感動してくれました。

実はこの日、隣に座っていた女性客が注文したパスタが、漫画に出てくるようなてんこ盛りのスパゲッティで、周囲が騒然。
私たちも思わず、「大盛りですか?」と声をかけてしまうほどでした(笑)。
後から確認したら、PranzoEの本日の満腹ランチのお皿(1,000円)だったようです。
スパゲッティアラビアータ(トマトソース・とうがらし・チーズ)グリルドソーセージ(サルシッチャ)乗せ(バジリコ添え)ですが、スパゲッティがホントに山盛りになっていて、長めなソーセージが中央に乗っかっていました。
山盛りとはまさにこのこと、という絵になるランチで、ブロガーのくせに写真撮影をお願いできなかったことが今でも悔やまれます。
あれで普通盛りだったら、大盛りなんてどうなっちゃうんだろう?
先輩と早く再訪して、注文したいですね!と盛り上がりました(笑)。

お値段は1300円と少しお高いですが、圧倒的なボリューム感で美味しかったです。
満腹ランチといい、スペシャリテといい、新たなメニューが登場したことで、「フィオーレ」がますます好きになりました。
混んでいてなかなか入れませんが、もっと頻繁に訪問したいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇
  
[ランチ]  
Aランチ ポルペッティのトマト煮 (2007年9月4日
Aランチ 若鶏のローマ風トマト煮込み (2011年8月16日) 
Bランチ スパゲッティ&リガトーニ (2012年1月19日
Dランチ パルジャミーノチーズの焼きリゾット (2010年7月27日
Gランチ 
スパゲッティカルボナーラ 温泉たまご乗せ 牛肉のシチュー チーズのせオーブン焼きのお皿 (2014年9月26日
本日のパスタランチ ソーセージとほうれん草のトマトソーススパゲッティとペンネリガーテのゴルゴンゾーラチーズソース (2013年3月8日
とっても辛いスパゲッティ<国産牛スジ肉のスパイス煮込みソース> (2011年10月21日

[ディナー] 2008年2月1日

[お弁当]
  チキンロースト:トマトソース (2008年2月12日)  
  チキンロースト:中華風照り焼き (2008年4月11日
  若鶏のグリル:ねぎ塩チキンレモン添え (2010年10月12日
  若鶏のグリル:きこり風ソース? (2011年1月11日
  若鶏のグリル:ピッツァ職人風 (2011年2月21日)   
  肉だんご:トマトソース (2008年9月9日) 
  オムライス:キーマナスカレー (2009年11月10日
  ハンバーグ:チーズとトマトのピッツア風 (2010年6月17日
  ハンバーグ:モッツァレラチーズのせカレーソース (2010年9月29日
  ハンバーグ:デミグラスソース 唐揚げ添え (2013年1月17日
  オムライスと日替わりパスタ[きのこ入りツナクリーム](2010年10月21日
  豚肉生姜焼きコチュジャンソース (2014年6月25日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


テイクアウトのお弁当のメニューです↓
DSCF0781.jpg

DSCF0782.jpg


ランチメニューです↓
DSCF1904 (480x360)

DSCF1905 (480x360)

DSCF1906 (480x360)

DSCF1907 (480x360)

DSCF0110.jpg

DSCF1908 (480x360)

DSCF1909 (480x360)

DSCF1910 (480x360)

DSCF1911 (480x360)

DSCF0106.jpg

DSCF0107.jpg

DSCF0108.jpg

DSCF0109.jpg

DSCF0111.jpg

DSCF0112.jpg

DSCF0113.jpg


2014年9月26日訪問時お店DATA
********************************
Trattoria Fiore Cusina Italiana 
(トラットリア フィオーレ クッシーナ イタリアーナ)
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地11 ニューテシコビルB1F
TEL 03-3264-3928
FAX 03-3264-3928
営業時間 11:00~0:00
定休日 日曜
地下鉄麹町駅から徒歩1分 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/07/19 08:00】 | イタリアン | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店  @四谷 | ホーム | Pensri’s Kitchen アトレ四谷店  @四谷>>
コメント
昨日は一日ぼんやり天気でしたが
夕刻には見事な虹を作ってくれましたぞ

満腹ランチのパスタが気になる
この手の本格イタリアンでデカ盛りなんて魅力的すぎる

今日はいい天気なので洗濯機をもう一回回したら
お出かけすっか
水分は持たないとな
【2015/07/19 09:00】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
ここのお店は、お値段だけならとってもお安くはないですが、
盛りが本当にいいし、味もすごくいいんですよ~。
ちょっと遠くて混雑しているので、なかなか行けないのが残念です。

私もこの三連休はかなり洗濯しました。
ベランダが熱くて裸足じゃ歩けなかったです(笑)。
【2015/07/21 05:41】 URL | なお #-[ 編集]
うちもベランダは夏は熱く冬は冷たいので
百均で買った防熱シート敷いてます
レジャー用品コーナーで売ってる
敷物用の銀色のやつね
これで全く気にならなくなりますぞ

【2015/07/22 06:37】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
なるほど、防熱シートですか。
それはいいかも。
今度百均、見てみます!
【2015/07/23 05:51】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2219-aef530d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる