濃厚鶏そば 武一とり食堂  @小岩
4月に入ってからほぼ毎日のように電車が遅れていて、出勤が大変です。
お客様混雑、荷物挟まり、急病人発生という乗客側の理由から、異音の確認や車両故障や信号トラブルなど電車側の理由など様々ですが、来週からは落ち着いてくれることを祈ります。
お天気はイマイチのようですが、みなさま、楽しい週末を☆

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「武一とり食堂」のレポートです。
四谷・市ヶ谷界隈の新店ネタを切らしてしまいました(汗)。

DSCF6744 (480x360)
2015年1月10日の土曜日の夜、美容院からの帰りが遅くなったので、家人と待ち合わせをして夕飯を食べることにしました。
この日向かったのは小岩にある「濃厚鶏そば 武一とり食堂(ぶいちとりしょくどう)」というラーメン屋さんです。

DSCF6763 (480x360)
JR総武線小岩駅の北口を出てイトーヨーカ堂の脇をまっすぐ進み、最初の角を左折します。
少し歩いた左側に小貫ビルがあり、お店はその1階です。

この場所は駅近の抜群のアクセスにも関わらず、やや広いフロアが災いするのか、お店の入れ替わりがとても激しい場所です。
前は富士宮のうどんで食べたり飲んだり出来るお店で、その前はホルモン屋さんだったような。

DSCF6762 (480x360)
「武一とり食堂」は、株式会社テイクユーが展開する「濃厚鶏そば 麺屋武一」の姉妹店です。
公式HPによれば、「麺屋武一」は、「焼鳥屋職人」と「ラーメン職人」がコラボして誕生した、濃厚鶏白湯ラーメン専門店で、新鮮な鶏をドロドロになるまで炊いた濃厚鶏白湯スープ、ささみユッケ丼や一品料理に至るまで、とことん鶏にこだわったメニューをいただけるそうです。
東京都と神奈川県にこちらのお店を含めて9店舗展開しています。
「武一とり食堂」は2014年11月20日にオープンしました。
このところの小岩はラーメン店が次々と開店しているのは嬉しかったのですが、家系のお店が多かったのが個人的にはちょっぴり残念だったので、濃厚鶏白湯スープは大歓迎でした(笑)。

DSCF6738 (480x360)
午後6時半頃入店すると、先に数組入っていました。
フロアは結構広めで、左奥に厨房とカウンター、その周りにテーブル席が並んでいます。
夜は鶏系居酒屋さんになっているようで、お店の壁にはおつまみメニューがたくさん並んでいました。
飲みも出来るスタイルでしたが、年末年始に旅行に出かけていて家計が乏しかったので、ラーメンのみ(笑)。

入口はガラス扉になっていますが、目線の高さは磨りガラスになっていました。

DSCF6740 (480x360)
壁には開店のご挨拶が貼り出してあります。

DSCF6726 (480x360)
右手前の端っこのテーブル席に着席。
卓上にはメニュー、お水の入ったポット、グラス、割り箸、各種調味料などが置いてありました。

DSCF6739 (480x360)
鶏ユッケごはんというメニューもあります。
この日は食べませんでしたが、こだわりの奥久慈卵を使っているのに、セットだと200円とお安いです。

DSCF6727 (480x360)
メニューです。
濃厚醤油、濃厚塩、あっさり塩、濃厚辛味噌、濃厚つけめん、まぜそばなど、種類が豊富です。
家人は濃厚鶏白湯そば、私は濃厚醤油鶏そばを注文。

DSCF6732 (480x360)
セットメニューや、鶏メニューを中心としたおつまみもあったので、折角なので名物のとり天もお願いしました。
とり天大好きで、大分県に行った時はあちこちで食べ歩きました。

DSCF6741 (480x360)
とり天用とのことで、こちらのセットが登場。
はて、何故にレンゲ?


濃厚鶏白湯そば (780円)
DSCF6742 (480x360)
濃厚鶏白湯そばが登場。
青い文様が入った器に、真っ白のスープがなみなみとはいっていて、ネギの緑色の部分、鶏チャーシュー、糸唐辛子がトッピングされています。
鶏白湯らしい、淡麗でシンプルな色合いです。

DSCF6743 (480x360)
メニューによれば、コラーゲンたっぷりの濃厚鶏白湯スープを特製塩ダレで合わせたまさに、鶏そばの王道といえる一杯とのこと。
家人は濃厚で美味しかったと言っていました。


濃厚醤油鶏そば (780円)
DSCF6744 (480x360)
続いて、私の注文した濃厚醤油鶏そばが登場。
器は同じですが、スープはお醤油らしく、茶色いです。
トッピングは鶏チャーシューと長ネギの青い部分は同じですが、糸唐辛子はなく、海苔と刻み玉ねぎが加わっています。

DSCF6746 (480x360)
メニューによれば、「難しいといわれる濃厚鶏白湯スープの醤油ベースにチャレンジした鶏そばです。
マッチする醤油ダレの開発に苦労を重ねついに誕生しました!」とのこと。
意識したことがありませんでしたが、鶏白湯でお醤油味って珍しかったんですね(汗)。

DSCF6747 (480x360)
白いプラスチックの細長いレンゲがドンブリに差し込んでありました。

DSCF6745 (480x360)
海苔は長方形のものが2枚。
私は海苔のありがたさがわからない人なので、適当にスープに浸して食べちゃいました。

DSCF6748 (480x360)
鶏チャーシューは小さめのものが3つ入っています。
皮をバーナー?で焦がしてありますが、香ばしさよりも鶏肉がふにゃふにゃで水っぽかった方を感じました。
このチャーシューだったら、味玉をつけてくれた方がいいかも。

DSCF6749 (480x360)
刻み玉ねぎは少し。
熱の通り具合によってシャキッとしたり、柔らかくなって甘みを感じたりしますが、量があまり多くなかったせいか、2013年8月27日に「東京油組総本店 市ヶ谷組」で油そばを食べたときのような存在感はありませんでした。

DSCF6751 (480x360)
まずはスープを一口。
おおっ! 確かにかなり濃厚です。
ほんのり甘く、とろみがある感じで、美味しい~。
後から塩を一口いただきましたが、塩も濃厚で美味しかったものの、お醤油の方がかなり濃い味付けだったので淡く感じちゃいました(笑)。

DSCF6752 (480x360)
麺は黄色みががかっていて、細麺のストレートです。
固めに茹でられていて、のど越しがよかったです。
麺のボリュームは普通でした。

DSCF6756 (480x360)
メンマも数本入っています。
程よい柔らかさの食感でした。

DSCF6757 (480x360)
配膳されたときに店員さんから「黒七味がよく合いますよ~。」と言われました。
黒七味というと、ラーメン屋さんでは「つじ田」、ご飯屋さんでは「宮川」を思い出します。

DSCF6758 (480x360)
結構たっぷりめに入れたら、かなり味わいが変化しました。
久しぶりに食べましたが、やっぱり黒七味って美味しい。
お取り寄せして、自宅で使おうか、とっても悩みます。


名物 とり天  (380円)
DSCF6753 (480x360)
ラーメンを食べている途中にとり天が登場。

DSCF6754 (480x360)
白い器にとり天が入っていて、たっぷりのネギと刻み海苔、糸唐辛子がトッピングされていて、お醤油ダレがかかっていました。

DSCF6755 (480x360)
タレがたっぷりかかっていてスープスタイルになっています。
なので、レンゲと深さのある小鉢が取り分け用として出て来たんですね。

DSCF6759 (480x360)
とり天はかなり衣が厚めで、さらにお醤油ダレを吸い込んでいる部分はふにゃふにゃです。
このタレは蕎麦ダシのような甘塩っぱい味わいでした。

DSCF6760 (480x360)
私が大分で食べた鳥てんとは全然違ったので、個人的にイマイチでした。

DSCF6761 (480x360)
この日の伝票です。


とり天は私の好みではなかったですが、鶏そばは濃厚で旨みたっぷりで美味しかったです。
家人も気に入ったようだったので、またリピしそうです。その時にはぜひ辛味噌を食べてみたいです。

夜は居酒屋さんスタイルなので、飲みに来てもいいなと思い、実は、つい先日行ってみたのですが、システムが食券制に変更されていて、おつまみの追加やお酒のお代わりにいちいち席を立たなければならず、ゆっくり飲むのは難しくなってしまっていて、残念!


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

◎ラーメン
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日
野武義  (2013年1月10日
麺家 六三四 (2013年1月12日
鼈 (2013年5月16日
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日
麺屋清水 (2013年8月23日
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日
濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日

◎その他
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日
小味園 本店 (2013年7月31日
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇


麺メニューです↓
DSCF6727 (480x360)

DSCF6728 (480x360)

DSCF6729 (480x360)

DSCF6730 (480x360)


セットメニューです↓
DSCF6731 (480x360)


おすすめメニューです↓
DSCF6732 (480x360)


期間限定メニューです↓
DSCF6737 (480x360)


スペシャルメニューです↓
DSCF6739 (480x360)


ドリンクメニューです↓
DSCF6733 (480x360)

DSCF6734 (480x360)

DSCF6735 (480x360)

DSCF6736 (480x360)


2015年1月10日訪問時お店DATA
*****************************
濃厚鶏そば 武一とり食堂 (ぶいちとりしょくどう)  
〒133-0057
江戸川区西小岩1-23-8 小貫ビル1階
電話 03-5622-00968
営業時間 
[月~土] 11:30~2:00
[日曜日] 11:30~22:00
定休日 なし
JR総武線小岩駅北口から徒歩2分 
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2015/04/10 06:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<インド・アジアンダイニング&バー Sathi 四ッ谷店 | ホーム | 四川厨房 味仙酒場 麹町三丁目店  @麹町>>
コメント
ですよね~電車
まあ、毎年新社会人が乗るようになると
こんな感じが4月は続きますな

濃厚な鶏そばって話題になってもう2年くらいになるのに
まだチャレンジできてないなあ
カップ麺で鶏そばってあったから
とりあえずこれで行って見よう
と、買ってみたらすっきりタイプのスープだった
もっとちゃんとパッケージ見るべきだった
http://www.newtouch.co.jp/detail/detail.html?itemid=184
これね
まあ、期待とは違ったけど
凄麺シリーズは美味しいですな
【2015/04/10 13:06】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
濃厚鶏そばはクセは少ないので、
濃厚好きなら美味しく食べられると思いますよ。
ブームで何軒か回りましたが、どこもそれなりに美味しいものの、
味の差別化をはかるのが難しいかも。
普段あまりカップラーメン食べないんですよ。
大好きなんですけど、家で食べるとついつい食べ過ぎちゃうので。
凄麺シリーズ美味しいんですね。
覚えておきます!
【2015/04/11 09:22】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2313-15ea940e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる