Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  @四谷
今日も朝から蒸し暑いですね~。
残業もまだまだ多く、グッタリしてます。。。
8月上旬まではこんな状況が続きそうで、体調管理も含めて頑張らなければ。
みなさまも、ご自愛ください☆

先週の火曜日まで夏休みをいただいていたので、本日まで過去記事をアップしま~す。

DSCF0759 (480x360)
2015年4月16日は、旅行日前日だったので、軽めのお昼にしようと思い、アトレ四谷のにある「Soup Stock(スープストック) TOKYO アトレ四谷店」へ買いに行きました。 

冬の間はお昼時になると大行列が出来ていることがしょっちゅうですが、この日は少し気温が上がって暖かくなっていたせいか、12時頃にお店に到着したところ、先客は数人ぐらいでした。
DSCF0743 (480x360)
この時期はイタリアの山海畑というテーマで、第1弾が3/2~3/20、第2弾が4/6~4/24に展開していました。 
お店によれば、「イタリアの山・海・畑、それぞれの場所で育まれた『食の姿』をスープにしました。 イタリアは日本と同じく南北に長くのび、まわりを海に囲まれている国です。土地ごとに風土的な違いや、発展してきたそれぞれの食事情があります。 個性的なイタリアの料理の特徴をSoup Stock Tokyoらしくスープに閉じ込めました。 」とのこと。
それぞれ山のスープ・海のスープ・畑のスープが販売されていました。


「スープストック」の詳しいお店情報はこちら → ◎◎◎

DSCF0744 (480x360)
お店によれば、「畑の恵みはさまざまです。中でもトマトやオリーブオイルは代表的なものです。丹精込めて育てた作物を余すことなく食べる工夫が家庭料理にも根付いています。一晩経って固くなってしまったパンも、豆や野菜と煮込めばおいしく食べられます。」とのこと。
この日の畑スープは 「野菜と白いんげん豆のリボリータ」で、109キロカロリーだそうです。

DSCF0745 (480x360)
お店によれば、「海に近い地域では日本と同じような魚介類をよく食べます。シチリア島では鰯を、パスタに合わせたり、パン粉焼きにして。イタリア半島南端のカラブリアではしらすを唐辛子と漬け込んだ保存食が、昔から地元の伝統的な食べ方として親しまれています。」とのこと。
この日の海のスープは「しらすと半熟玉子のぺペロンチーニスープ」で、120キロカロリーだそうです。

DSCF0749 (480x360)
この日のレシートです。
3種類あるスープの中から、カロリーの低い畑のスープと海のスープの2種類をチョイスしました(笑)。

IMG_0575 (480x480)
持ち帰り袋は、スープを縦に重ねるせいなのか、縦に細長く出来ています。 
とてものっぽで、写真に収めるのに一苦労(笑)。

DSCF0750 (480x360)
袋から取り出すと、こんな感じ。

レジと奥で準備する人が完全に別れているせいか,スプーンなどを断っても通じないことが多いし、自分でも言い忘れてしまうことがしばしば。
この日もいただいちゃいました。

DSCF0754 (480x360)
「しらすと半熟玉子のぺペロンチーニスープ」は、スープと半熟玉子が別容器になっていました。

DSCF0755 (480x360)
半熟玉子は、フタは透明、下は白のプラスチック製容器に入っています。

DSCF0752 (480x360)
スープストックセットは、白胡麻ご飯、石窯パン、フォカッチャからどれかを選びます。 
この日はカロリーを抑えようと思い、石窯パンをチョイス。


スープストックセット  (950円) 
野菜と白いんげん豆のリボリータ+しらすと半熟玉子のぺペロンチーニスープ+石窯パン
DSCF0759 (480x360)
いただきま~す!


石窯パン
DSCF0761 (480x360)
注文の時、石窯パンは温めるかどうか聞かれます。 
もちろん、いつもお願いしちゃいます。 

公式HPによれば、石窯パンとは、「外はカリッと、中はもちっとしたピザ生地のようなパン。焼き上げる直前に、オリーブオイルをさっと塗り、イタリア産の岩塩を挽いて仕上げます。」とのこと。

DSCF0771 (480x360)
温めたおかげで、皮は少し固めで、中はふんわりした状態で食べられます。 
素朴な味わいで美味しいです。


野菜と白いんげん豆のリボリータ
DSCF0764 (480x360)
お店によれば、「『リボリータ』は、野菜と白いんげん豆をとろっと煮込み、パンを加えたトスカーナ州の郷土料理。パルミジャーノのコクが野菜の甘みを引立て丸みをだします。 野菜のスープに固くなったパンを入れて煮直した具沢山スープは『Re(再び)Bollita(煮る)』、リボリータと呼ばれています。限られた食材もおいしく食べて生きて行く、イタリア人の食の知恵を象徴する一品です。『トスカーナ人は豆食い』と言われるほど習慣となっている豆料理。白いんげん豆をたっぷり使ったスープです。」とのこと。

まずはこちらから食べました。

DSCF0765 (480x360)
畑スープというだけあって、とっても具沢山。 
スープはやや白っぽい色合いで、わりあいあっさりとしていました。

DSCF0768 (480x360)
揚げなす、玉葱、ズッキーニ、トマト、赤パプリカ、黄パプリカ白菜、白いんげん豆水煮、ダイスポテト、パンなどなど。 
お野菜はクタクタになるまでとても柔らかく煮込まれています。 

DSCF0767 (480x360)
お豆がたっぷり入っていたので、豆好きの私には嬉しかったです。 

DSCF0769 (480x360)
美味しいスープをたっぷりと吸ったパンはとても柔らかくて美味しかったです。 
浸して食べるとかそういうレベルじゃないのが面白い~。 
パンのおかげでボリューム感もありました。 


しらすと半熟玉子のぺペロンチーニスープ
DSCF0762 (480x360)
お店によれば、しらすと半熟玉子のぺペロンチーニスープは、「唐辛子の辛さの効いたトマトスープにガルム(イタリアの魚醤)を加え、コク深く仕上げました。半熟玉子をとろりとくずして、まろやかな味の変化をお楽しみください カラブリア州が『辛ブリア』と呼ばれる由縁となるのが郷土料理にも多く使われている唐辛子の存在です。コロンブスによって中南米から持ち帰られたと伝わる唐辛子は、カラブリアの貧しい土地でとても重宝されていました。当時は贅沢品だった塩の代わりに、唐辛子の辛味で食事をしていたといわれています。」とのこと。

DSCF0756 (480x360)
半熟玉子は自分で割り入れました。

DSCF0773 (480x360)
「スープストック」で卵を入れて食べるのは初めてかも?

DSCF0774 (480x360)
卵好きとしては、テンションが上がります(笑)。 

DSCF0775 (480x360)
トマト、玉葱、赤ピーマン、パン、釜揚げしらす、ちりめんなどが入っています。
トマトベースのスープはトマトの酸味がしっかりと感じられ、ピリ辛でした。

DSCF0780 (480x360)
野菜だけでなく、リボリータと同じく、こちらにもパンが入っていました(笑)。 
固くなってしまったパンをこうやって美味しい具材に変身させてしまうのは、お料理の知恵ですね~。

DSCF0781 (480x360)
やや太めにカットされた赤パプリカは甘味がありました。 

DSCF0784 (480x360)
ある程度食べたところで、半熟玉子を潰しました。 
黄身がトロリととろけて、味わいが深まります。 
ただ、半熟玉子を入れるとスープ全体の温度は下がっちゃうので、そこはちょっと残念でした。
 
DSCF0786 (480x360)
しらすは小さいですが、結構入っていました。 
ただ、味わいとしてはそれ程魚っぽさは感じなかったです。 
イタリアだと、しらすもトマトソースに入れちゃうんだ~と、ちょっと新鮮でした。

DSCF0758 (480x360)
この日の先輩のお弁当です。


どちらのスープもパンが具材として入っていて、しかもそれとは別に石窯パンを食べたので、結構お腹がいっぱいになりました。 
なかなか専門店でも食べられないような郷土料理スープをいただけるのはとっても楽しかったです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

[テイクアウト]   
東京ボルシチ (2011年4月7日)   
豚トロのトマトストロガノフ (2012年6月4日)   
8種類の野菜と鶏肉のスープ (2012年6月4日)   
温野菜とチーズのブラウンシチュー (2013年1月10日)   
トムヤムクン (2013年7月1日)   
タイ風グリーンカレースープ (2013年7月1日)   
雲南豆腐スープ (2014年6月18日)   
トマトと冬瓜の火鍋スープ (2014年6月18日)   
豆漿 (2014年10月28日)   
鶏のポタージュ  (2014年10月28日)   
オマール海老のビスク (2015年2月25日
野菜と白いんげん豆のリボリータ (2015年4月16日
しらすと半熟玉子のぺペロンチーニスープ (2015年4月16日
生姜入り7種の野菜の和風スープ (2015年10月6日)   
ユッケジャン  (2015年10月6日)   
イタリア産トマトのミネストローネ (2015年12月21日)   
北海道産たらこのクリームシチュー (2015年12月21日)   
豚肉と緑レンズ豆のオーベルニュ風煮込みスープ (2016年2月1日)   
但馬牛すじ肉とわかめのスープ  (2015年2月25日2016年2月1日)   
半熟玉子とグリーンピースのフレンチスープ (2016年4月14日)   
焼きトマトとセロリのオニオンスープ (2016年4月14日)  
“ゴッホ”の麦畑のスープ  (2016年11月9日) 
ゴッホの玉葱のスープ (2016年12月1日
女川産さんまのつみれスープ (2016年12月1日
鱈ときのこのチゲ (2017年1月10日
野菜と鶏肉のトマトシチュー (2017年1月10日

きのことチーズのOKAYU(おかゆ) (2016年11月9日) 

ムール貝と帆立のシーフードカレー (2011年4月7日)   
バターチキンカレー (2013年10月3日)   

白胡麻ご飯 (2011年4月7日)   

[イートイン]    
オマール海老と渡り蟹のスープ (2007年7月25日)    
石窯バジルパン (2007年7月25日)   

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇




2015年4月16日購入時お店DATA 
**************************** 
Soup Stock TOKYO アトレ四谷店 (すーぷすとっく) 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷1-5-25 アトレ四谷1階 
TEL&FAX 03-5312-9650 
営業時間 
[月~土] 7:30~21:00 
[日祝日] 9:00~21:00 
定休日 アトレ四谷店の休みに準じる 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2017/07/25 05:00】 | パン | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<【仮称:六番町屋台】サン オフィング  @市ヶ谷 | ホーム | Soup Stock TOKYO アトレ四谷店  @四谷>>
コメント
いつもブログ楽しみに読ませて貰ってます!

四ツ谷に吉そばができてました。
私の職場から離れてるのでランチは行けなそう
もうちょっと駅近だったら嬉しかったんですが。。
【2017/07/25 12:38】 URL | まさき #-[ 編集]
まさきさん、こんにちは!
もとパン屋さんがあったところでしょうか?
最近外食出来ていないのですが、何とか頑張って行ってみたいです。
「吉そば」って食べたことがないので、とっても楽しみです。
貴重な情報をありがとうございま~す☆
【2017/07/26 06:18】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2398-c02df714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる