和の料理 梓  @四谷
先日、会社に出勤するために家を出たら、まさに我が家のアルコープに入ろうとするガス検針の方とバッタリ。
10年以上このマンションに住んでいて初めての事だったので、結構ビックリした顔をしてしまったらしく、ガス検針の方から「驚かせてスミマセン。。。」と謝られてしまいました(汗)。
こちらこそ、すみませんでした。

DSCF8371 (480x360)
2016年3月3日は、以前うちの事務所に数ヶ月間来てくれていたIさんが、近くに来る予定があったので、一緒にランチに行くことになりました。
上司は向かった先は、いつもどおり、大好きな「嘉賓」(笑)。
12時15分頃に到着したところ、残念ながら待ち客がいたので諦め、三栄通りを通り抜けてしんみち通りのさらに奥に向かい、「和の料理 梓(あずさ)」に入店することに。

2010_0728画像0040
こちらは以前撮影した写真です。
JR・地下鉄四ッ谷駅からしんみち通りを通り抜け、その先をしばらく行った左側に小谷田ビルがあり、お店はその1階です。 


地図です。

2010_0728画像0043
こちらも以前撮影した写真です。
「梓」の創業は昭和35年とのことで、半世紀以上続く老舗のお店です。
開店当時のしんみち通りは路面は舗装されていない砂利道で、ようやく丸ノ内線が新宿まで通ったばかりだったそうです。

2010_0728画像0041
こちらも以前撮影した写真です。
お店の入口の左側には、大きな「おこぜ」の文字が入った提灯。
とっても趣があります。

2010_0728画像0039
2010年7月上旬からランチが始まりました。
前回ランチ訪問したのは2014年6月20日だったので、約1年8ヶ月ぶり、4回目です。
そういえば、前回来た時は、Oさんがサッカーワールドカップ観戦でブラジルへ出発する直前の壮行会でした(笑)。

DSCF8382 (480x360)
ランチメニューはわっぱめし膳のみで、お値段は1,100円です。

2010_0728画像0012
こちらも以前撮影した写真です。
写真ではとても黄色く写ってしまっていますが、店内は白く明るいです(汗)。

フロアはこぢんまりとした広さで、やや古めかしい和風の内装です。
右手に厨房とそれを取り巻くカウンター席、左手に個室があります。

2010_0728画像0009
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの一番奥の方はこんな感じでした。

2010_0728画像0003
こちらも以前撮影した写真です。
写真がピンぼけですみません(汗)。
こちらは夜のメニューです。
築地直送の季節の旬の天然のお魚にこだわっているとのこと。
冬はふぐをいただけます。
ただ、その分予算はお高そうです。

2010_0728画像0002
こちらも以前撮影した写真です。
カウンターの中はこんな感じでした。

お店はお父さんと息子さんのお二人でお店を切り盛りしていらっしゃいます。
ランチはお父さんがフロアを、息子さんが厨房を担当されていました。
二人とも顔がとても良く似ていて、初めての訪問のとき、お父さんは「兄弟ですよ!」なんておっしゃっていました(笑)。

2010_0728画像0010
こちらも以前撮影した写真です。
わっぱめしはこんな感じで蒸していました。
写真がピンぼけですみません(汗)。

DSCF6033 (480x360)
12時20分過ぎにお店に到着すると、先客は女性の二人客のみ。
後客もいませんでした。

DSCF6032 (480x360)
私たちは5人だったので、左にある小上がりの座敷へ。

DSCF6907 (480x360)
卓上には爪楊枝入れだけが置かれています。
ちょっと変わっていて、石を削ったような入れ物です。

DSCF6908 (480x360)
複雑な形をしていて、一旦開けちゃうと、蓋を合わせるのが大変でした(汗)。

DSCF8362 (480x360)
着席すると、お箸とおしぼりをいただきます。

DSCF8363 (480x360)
メニューはわっぱめし膳のみなので、そのまま待っていればオッケーです。

DSCF8364 (480x360)
座布団やお茶を配膳していたとき、小上がりがやや高めの設計ということもあって、お父様がふらつくときもあったので、ちょっと心配でした。

DSCF8365 (480x360)
しばし待って、お料理が登場!
人数が多いので、座敷の奥の方までお父さんが配膳するのは大変なので、リレーで送ります。


わっぱめし膳  (1,100円)
DSCF8371 (480x360)
さらにもう一品追加で、と~っても豪華!
わっぱ飯、天ぷら、天つゆ、刺身、お味噌汁、お新香、取り分け用のお皿のセットです。
黒い長方形のお盆にのせられて出てきましたが、後からお刺身のお皿が来たら、半分宙に浮いてちゃいました(笑)。

DSCF8379 (480x360)
箸袋は、季節によってデザインが変わります。
以前は卓上にセットされていましたが、お盆にのせられて出てきました。

DSCF8369 (480x360)
お新香は2種類です。
キュウリとタクアンです。

DSCF8373 (480x360)
お味噌汁には三つ葉と天かす?が浮かんでいます。
こちらのお店にはいつも天かすが入っていて、とっても珍しいです。

DSCF8381 (480x360)
残骸ですが(笑)、アサリなどが入っていました。

DSCF8372 (480x360)
この日のお刺身はタコでした。
レタスや貝割れ大根を下に敷いて、ドレッシングをかけたサラダ仕立て風です。

DSCF8375 (480x360)
天ぷらはカボチャ、エビ、ナスなどなど。
サイズは小さいですが、種類がいろいろあるのがとっても嬉しいです。
海老は尻尾ごと食べちゃいました。

DSCF8370 (480x360)
天つゆは小皿に入っています。

DSCF8376 (480x360)
蒸し立て熱々のわっぱ飯には具材がたっぷりとのせられ、彩りに三つ葉も散らしてありました。
いつもとってもいい香りがするのですが、この日は花粉症でよくわからず(泣)。

DSCF8378 (480x360)
具はアナゴ、ホタテ、エビ、シメジなどなど。

DSCF8367 (480x360)
小さな小皿と木のスプーンが別についているので、こちらで取り分けていただきます。

DSCF8380 (480x360)
ご飯そのものの味付けはあっさり目です。
取り分け茶碗が小さめなこともあり、軽くよそるなら、3杯分ぐらいあるでしょうか。
シメジは大ぶりのものもあり、プリプリとした食感でした。
いつも蒸籠にご飯がこびりついてしまい、キレイに完食できないのがとっても残念。

2010_0728画像0038
こちらは2010年7月28日に初訪問したときの写真です。
お見送りしてくれたお父さん、とっても良い笑顔☆

DSCF8816 (480x360)
この日の領収証です。

DSCF8383 (480x360)
帰りがけ、2015年11月19日と2015年12月4日にランチ訪問をした「ゴッホのアトリエ」が閉店していることに気付きました。
2015年9月10日にオープンしたので、半年保たず。
もう一回、ボリュームランチが食べたかったです。


豪華なおかずですが、味つけが淡めなせいか、全体のボリュームはそれ程重たく感じません。
ご飯大好きのIさんにも喜んでもらえたかな~?


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまでのランチ訪問はこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

1回目  2010年7月28日
2回目  2013年10月30日
3回目  2014年6月20日
4回目  2016年3月3日
 
◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年3月3日訪問時お店DATA
********************************
和の料理 梓 (あずさ)
〒160-0004 
東京都新宿区四谷2-3 小谷田ビル1階
電話 050-5815-9002 
営業時間 
[平日] 11:30~13:40 17:00~23:00  
[土曜] 17:00~23:00  
定休日 日祝、年末年始 
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩6分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/03/10 04:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<立喰 そば処 瓢箪  @市ヶ谷 | ホーム | 日本料理 竹むら  @四谷>>
コメント
丸ノ内線が新宿までしかっ
って滅多に新宿より向こうって乗りませんが
が、最近あのぴょろって生えてる方南町線
乗る機会がナニゲに多いのですがね
しんみち通りが未舗装
たまーに古い動画でそんな時代の
東京とか見るとほんと舗装もされてない
自動車けっこー走ってんのに信号機が無い
ベトナムか?
みたいな

1100円で豪華ランチ万歳ですな
わっぱ飯
最後の数粒、駅弁でもありますな
んーこの端っこの米粒取って食べたい~
がー箸がどう回しても届かない
割り箸の角を使って取り出そうとしても
擦り潰れるだけ
でも、うまいこと取れて食べられた時の
達成感たるや
何かに勝利した気分になれるので
是非挑戦し続けてください

【2016/03/11 06:55】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
方南町線に乗る機会が多いとは、渋いですね~。
あのエリア、昔住んでみたくていろいろ物件を探したのですが、
ちょっと辺鄙な分、お安かったものの、
それでもやっぱり条件に合わなくて諦めました。
新宿からタクシーで帰れる生活をしてみたかったんですよ~(笑)。
【2016/03/15 06:09】 URL | なお #-[ 編集]
交通の便がいいのにマイナータウンって魅力がありますな
その典型と言えるのがこの方南町線沿線と言えるでしょう
よく住みたい町ランキングってあるけどあんなので有名な街って
正直メジャーなだけで住みやすいか?って
都心に乗り換え一回で行ける目黒線奥沢自転車で自由が丘行けるよ
井の頭線永福とか、井の頭線なら下北沢とか東大前明大前吉祥寺
って言いたいところをぐっと堪えて永福!渋い、でも永福大勝軒あるよ
みたいな
実を言うと永福はあまりいい印象は無いんですが
昔、車で配達してた時代、国立まで行ってたんですが
帰り会社に帰るには外苑まで行きたいのですよ
あの頃は新宿出口って無かったし
でもぐちゃぐちゃに混み始めるとうんともすんとも動かなくなって
仕方なく永福で降りるのよ
永福から下の道を永田町近辺までってけっこーある
なので拙者の中では永福は仕方のない街
【2016/03/15 10:24】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
住みたい街ランキング、謎ですよね。
自分の家に帰るのに、改札が待ち合わせの人間でごった返しているなんて、
それだけでも何だか人疲れしちゃいます(笑)。

吉祥寺にどうしても住みたくて、
折り合わずに隣の駅に住んでいる友人がいますが、
あまりお酒を飲まない人なので、
吉祥寺でお酒抜きで夕飯食べられるところは少ないらしく、
しかも、自転車置き場がとにかく少なくて、
結局お隣なのにあまり行っていないと言っていました。

ま、住みたい街の定義は人それぞれですが。
【2016/03/16 06:00】 URL | なお #-[ 編集]
住みたい街ランキング問題は
もー一つ
毎回ランクインする横浜市
市民としてはいつも隔靴掻痒と言うか何とも面はゆい思いをしてます
多少親切なランキングで(根岸線)て入ることがありますが
それでも関内と根岸周辺とは住環境が全然違うのですが
単純に住環境は根岸や港南台は静かな住宅地でいいですが
都心に通勤するにはやや遠い
うちのあたりもそうですが
横浜って答えた人の多くはざっくりと観光地の横浜想像してんだろーなー
ほんとに大事なデータは
絶対大手雑誌やWebでは話題にし難いだろう
住んだことのある街で二度と住みたくない街ランキングでしょうね
今のとこ拙者にはそんな街は無いですが
【2016/03/16 12:16】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
横浜市なんて、アバウトすぎて、ランキングする意味がないのでは?
街は一駅違うだけで全く環境が違いますからね~。
自治体としてはいいイメージを宣伝して、
たくさんの人に住んでもらいたいとは思いますが、
実際にはその人の仕事や家庭環境でベストな場所っていうのは、
ずいぶん変わるでしょうから。

住みたくない街ランキング、面白そう。
自分の街が挙がった場合のコメントを見てみたい(笑)。
【2016/03/17 06:44】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2661-6e23231a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる