釜めし むつみ  @浅草
みなさま、楽しい週末をお過ごしだったでしょうか?
私は無事、10キロマラソンを終えることが出来ました。
残念ながら1時間を切ることは出来ませんでしたが、2016年走った中では一番早い、1時間4分か5分ぐらいでした。
記録が届くのがとっても楽しみ♪
最初、あまりにもテンションが上がってしまって50分位のペースでぶっ飛ばしてしまい、5~6キロにあったゆる~い上り坂で失速してしまいました(汗)。
あー、もうちょっとがんばれば1時間切れそうだったので、しっかりトレーニングをやればよかったと、後悔しています。
秋にも走ろうかなぁ。

本日は、ちょっと時系列がずれてしまいますが、マイブログ圏外の浅草にある「むつみ」のレポートです。

DSCF0071 (480x360)
2016年3月31日は、東京の桜が満開に成り、お天気もとっても良くて、絶好のお花見日和。
上司の突然のお誘いにより、仕事を早めに切り上げ、浅草方面にお花見へ出かけることになりました。

DSCF0024 (480x360)
浅草橋駅からタクシーに乗って、吾妻橋に出ました。
浅草の顔と言うべき、神谷バーです。

DSCF0022 (480x360)
東武線の浅草駅と松屋浅草のビルも改装を終えて、とってもキレイになっていました。

DSCF0025 (480x360)
隅田川沿いを歩いて、桜を見物。
アサヒビール本社が金色に光り輝いています。

花見客はたくさん来ていましたが、平日のせいか、川沿いの遊歩道がとっても広いせいか、上野公園のような混雑はなかったです。

DSCF0027 (480x360)
いつも錦糸町方面から見ているスカイツリーですが、浅草側から見ると、何となく表情が違う気がします。

それにしても、桜の写真を数枚撮ったのですが、ボケボケでとても載せられるものではなかったので、写真は無しです(泣)。
ただ、東京では桜の満開宣言が出ていましたが、浅草の桜はもうちょっとかな~という感じでした。

DSCF0028 (480x360)
この日お邪魔したお店は「釜めし むつみ」です。

DSCF0081 (480x360)
夜はこんな感じ。
東武線浅草駅から江戸川通りを北に上がり、言問橋西交差点を左折します。
交差点を二つ越えて最初の角を右折し、角を2つ越えた右側にお店があります。


地図です。

DSCF0029 (480x360)
浅草寺の裏側に当たるこのエリアは、静かな住宅地ですが、飲食店も点在しています。
以前、上司はこの辺りにあったお店の常連客だった関係で、界隈に詳しく、「むつみ」にもよく通っています。
私も以前一度連れてきていただいたことがあり、今回が2回目です。

DSCF0032 (480x360)
午後6時頃入店したところ、4割程の人の入りでした。
昭和の民家そのままの店舗で、靴を脱いで上がります。
2階もあるそうです。
有名人のサインもたくさん飾ってありますが、それ以外の飾り物は昔懐かしい物ばかりでした。
田舎のおばあちゃんの家に遊びに来た感じです。

DSCF0033 (480x360)
フロアは広く、右に厨房があり、それ以外はテーブルがたくさん並んでいます。

DSCF0030 (480x360)
予約していた私たちは、左手前のテーブル席に通されました。
卓上には、灰皿、爪楊枝、各種調味料がおかれています。

DSCF0031 (480x360)
上司の奥様も合流し、Oさんが少し遅れて到着して、5人で宴会スタート!

この日は基本的に上司がオーダーしたので、メニュー写真はありません。
かろうじて写真に写っていたものや、食べログなどで拾ってきた金額なので、あまり正確ではないことをご了承ください。


生ビール
DSCF0034 (480x360)
まずは生ビールで乾杯!


ウーロン茶
DSCF0035 (480x360)
お酒の飲めない先輩は、ウーロン茶でご相伴。


お通し
DSCF0036 (480x360)
この日のお通しは冷や奴でした。
薬味は小ネギとおろしショウガです。


煮物盛り合わせ
DSCF0038 (480x360)
煮物は、カボチャ、里芋、高野豆腐、糸こんにゃく、切り昆布、ゼンマイなどなど。
自分で作る煮物にはゼンマイや切り昆布を入れたことがないので、面白かったです。


海老しんじょう  (2個500円)
DSCF0039 (480x360)
海老しんじょうは5個。
1個は結構大きめです。
人数にあわせて作っていただいたかもしれません。

DSCF0040 (480x360)
小さめですが、揚げナスがついるのも嬉しかったです。

DSCF0042 (480x360)
揚げたて熱々で、いかにも手作りらしい食感で、海老の風味もたっぷりと感じられました。


焼き鳥盛り合わせ
DSCF0041 (480x360)
焼き鳥は、指定したのかどうか不明ですが、タレがかかっていました。
お肉が大きくて、柔らかです。


コロッケ?
DSCF0043 (480x360)
コロッケには千切りキャベツ、プチトマト、マヨネーズが添えられています。

DSCF0044 (480x360)
確か人数分お願いしたのですが、この日はもう3つしか出来なかったとのこと。

DSCF0047 (480x360)
揚げたて熱々で、フツーに美味しかったです。


桑の葉サワー
DSCF0045 (480x360)
こちらのお店、ちょっと変わったお酒もいろいろ取りそろえています。
桑の葉サワーなんて、初めて見たので、注文してみました。

DSCF0046 (480x360)
桑の葉のジュースは、ずいぶん前にスポーツクラブで試飲をさせてもらって、すっきりした青汁、みたいな印象でしたが、これはさらに飲みやすく、ほんのり甘みも感じて、とっても美味しかったです。
上司夫婦はこれをずっと飲んでいました。


馬刺し
DSCF0048 (480x360)
生肉は絶対食べられない上司ですが、先輩と私が好きなので、わざわざ注文してくれました。

DSCF0049 (480x360)
でも、Oさんも好きなのか、結構食べていました(笑)。
柔らかで美味しい!


あら大根?
DSCF0051 (480x360)
確かこれは、お店の人に勧められて注文したものです。

DSCF0052 (480x360)
大根がとても厚いのに、しっかり味がしみていました。
上司の奥様も先輩も、昔食べたときはすごく濃いめの味付けだったけど、少し薄味になったと意見が一致していました。
私はあまり記憶になくて、よくわからず(汗)。


塩辛二種
DSCF0053 (480x360)
お酒のあてに、Oさんが注文。

DSCF0054 (480x360)
お店のお手製のものを二種盛り。
確か、一つは鯛で、「珍しいね~。」と話した記憶があります。

DSCF0055 (480x360)
濃い味わいの塩辛に、大根おろしを添えるのはとてもさっぱりして良かったです。


サラダ?
DSCF0057 (480x360)
こちらは、確かサラダだったと思います(汗)。

DSCF0058 (480x360)
具が豊富でボリュームたっぷり。

DSCF0037 (480x360)
こちらはこのお店お手製のコーヒーリキュールです。
しかも、お豆違いで4種類もあります。
飲み比べセットがとても気になりましたが、オススメの飲み方はロックとのことだったので、平日にちょっと3杯はきついかも、、、と思って断念。


コーヒー焼酎 <イタリアンエスプレッソ>  (648円)
DSCF0059 (480x360)
お酒は飲めないのに、興味津々な先輩と相談して、イタリアンエスプレッソをチョイス。
飲み方は、もちろん、オススメのロックで。

ストローとミルクが付いてくるのが面白い!
この写真だけ見ると、アイスコーヒーにしか見えません(笑)。

DSCF0060 (480x360)
一口飲んでみると、まさにコーヒーの味わいがぶわぁっと来て、その後にアルコールの強い風味が続きます。
く~、後味は私にはちょっとしんどいけど、コーヒー好きにはたまりません。
全員で回し飲みしたのですが、コーヒー大好きなOさんが、「すごく強いですね!」と言っている一方で、上司が「俺は酒の味は全然感じない。」と言っていました。
人の味覚って、ホント様々ですね~。


筍の天ぷら  (864円)
DSCF0061 (480x360)
揚げ物大好きな上司がこちらを注文。

DSCF0062 (480x360)
ちょっと衣が厚かったけど、今年初めてのタケノコ、美味しくいただきました。


もつ煮込み  (864円)
DSCF0063 (480x360)
こちらは一人分を取り分けたもの。
フツーに美味しかったです。


あしたばの天ぷら
DSCF0064 (480x360)
アシタバの天ぷらは、タワーのように摘まれて、レモンの櫛切りが添えられていました。

DSCF0065 (480x360)
私の地元には、よく通う八丈島料理の居酒屋さんがあるので、あしたば大好き。
黄色いトッピングがキレイだったの聞いてみたら、確か、黄身のそぼろだったような。
全然クセが無くて、食べやすかったです。


だし巻き玉子  (648円)
DSCF0067 (480x360)
卵焼きはかなりの大きさ。
ダイコンおろしが添えられていました。

DSCF0068 (480x360)
私には苦手な甘い玉子焼きで、一切れでギブアップ(汗)。


桑の葉サワー
DSCF0069 (480x360)
こちらの桑の葉サワー、とっても美味しかったので、おかわり。

DSCF0070 (480x360)
お腹もかなり一杯になったので、いよいよお店の名物料理、釜めしへ。
実際には注文してから40分から60分かかるので、早めに注文しなければなりません。


小柱釜めし  (2,160円)
DSCF0072 (480x360)
こちらはOさんが注文した小柱。
たっぷりで美味しそう!


五目釜めし
DSCF0073 (480x360)
こちらは上司が注文した五目です。


海鮮釜めし  (2,160円)
DSCF0071 (480x360)
私はえび、かに、浅利、帆立、サーモンを一度に楽しめる、海鮮をチョイス。
こちらのお店の釜めしは、トッピングの具が後のせなので、レアで楽しめるのが、本当に嬉しい!

DSCF0074 (480x360)
お味噌汁です。
これは多分、釜めしを注文すると一緒に付いてくるんだと思います。

DSCF0076 (480x360)
こちらも、多分、釜めしとセット?
お新香はたっぷり3種類もありました。

DSCF0077 (480x360)
釜めしの全体をかき混ぜ、少しずついただきま~す。
熱々で、お米にしっかりとダシや海鮮の旨味が行き渡っていて、美味しい!

DSCF0078 (480x360)
海鮮は後のせなので、程よく火が通っています。
そのまま炊き込むよりも柔らかくて、海鮮のレアな美味しさを楽しめました。

お腹いっぱいだったので、ある程度食べて、残りはお土産にしました。
ちなみに、鮭親子釜めしを注文した先輩は、全く食べることが出来ず、全てお持ち帰りに。

DSCF0079 (480x360)
帰りがけ、カウンターの側にこんなものを発見。
お醤油、、、??と思ったら、、、

DSCF0080 (480x360)
なんと、この日いただいたコーヒー焼酎でした。
お店の方とお話しさせていただいたところ、よくあるコーヒー焼酎のレシピよりもかなりコーヒーの分量が多かったです。
だからこんなに真っ黒なんだろうなぁ。

DSCF0094 (480x360)
この日のお会計は、5人で総額34,074円、一人約6,800円でした。

DSCF0083 (480x360)
お店からの帰り道、スカイツリーがとってもキレイ。

DSCF0089 (480x360)
意図せず、こんな写真も撮れました。


この日は上司のおかげで浅草の桜をたっぷりと楽しめて、感謝・感謝です。
その後週末はお天気がイマイチのことも多かったので、満開ではなかったですが、とってもいいお花見をさせていただけました。


◇・◆・◇・◆・◇・◆ 浅草界隈の食べ歩き情報はこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆

<ラーメン> 
ラーメン弁慶 浅草本店<移転前> (2010年5月15日
ラーメン弁慶 浅草本店<移転後> (2013年1月27日

<ラーメン以外>
MONTEE (2013年4月6日
浅草 ロシア料理 BONA FESTA (2014年10月16日
釜めし むつみ (2016年3月31日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2016年3月31日訪問時お店DATA
*******************************
釜めし むつみ
〒111-0032
東京都台東区浅草3-32-4
TEL 03-3874-0600
営業時間 11:30~21:30(L.O.)
定休日 無休
つくばEXP浅草駅から徒歩7分
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2016/04/11 06:00】 | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<MACKY RAMONE’s Cruisin’Diner  @四谷 | ホーム | Spanish Bar Pasion 亀戸店  @亀戸 &亀戸天神>>
コメント
むーかし、神谷バー一回だけ行ったなぁ
電気ブラン飲みに
でも、今じゃスーパーでも売ってるし
飲ませてくれるお店も増えましたからな
でも、この神谷バー
バーってよりかレストラン寄りだよね

浅草のこの辺に行きつけのお店があるなんて
なかなかの洒落者ですな
そうそう、ぽつんぽつんとお店があって
浅草の地元民のお店なんだろうなって思うと
敷居が高いっす
桑の実サワー!
実は実家のある村は大変桑に縁があるのです
http://www.vill.ookuwa.nagano.jp/
実際かつては養蚕が盛んで家でも拙者が幼いころまでは
やってたのを薄っすらと覚えてます
拙者がギリなのでもう兄弟は覚えてないレベルですが
ただ、桑畑は暫く残ってたので初夏の桑の実は
子供おやつにうってつけで
唇と指先を紫に染めて食べまくってた思い出
都心にもたーまーに桑の木が植わってるとこあって
実がなってるのを見かけると食べてみたい衝動に駆られますが
排ガス浴びまくってるしなぁと断念
ちなみに言うと丸ノ内線御茶ノ水駅から神田川沿いに秋葉に向かって歩いて行く途中の土手、聖橋の直前に植わってます

サイドメニュー多過ぎてメインが出来たてを
食べられなかった先輩可哀想ですな
玉子焼きは江戸は甘口多いのよねぇ
子供の頃母親の焼く玉子焼きは基本醤油のみなので
やっぱがっちょり甘いと衝撃を受けますな
【2016/04/11 17:01】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
神谷バー、お店としてはもう文化遺産のレベルですよね(笑)。
ただ、このお店に行って、
飲みにくいデンキブランを黒ビールで割って飲むという方法を、
教えてもらったのが面白かったです。
この方法だとガブガブ飲めて、危険です!(笑)。

桑は実ではなく、葉っぱのサワーです。
そうそう、長野は桑の生産がありましたよね。
母の実家の埼玉でも結構やっていて、
昔は話では聞くけどどんなものかわからない植物でした。
なので、スポーツクラブで桑の葉ジュースの試飲をもらった時、
へぇ~、桑ってまだ栽培しているんだ、というか、
飲めるんだ~と思った記憶があります(爆)。
その時のジュースも、このサワーも美味しかったです。
また飲みたいなぁ。
【2016/04/12 06:16】 URL | なお #-[ 編集]
葉っぱでしたか
去年だったか銀座の「ぐんまちゃんち」で桑の葉茶の試飲やってて
飲んだな
で、出身村の話ししたらもしかしたら協力し合えることあるかもなので
役場とか連絡して見ますとか言ってたな
やっぱメジャーじゃないお茶やジュースでは商売にならないので
桑畑をちゃんと維持してる人は少ないはず
斜面に植えてたから処分するのも手間で
放置してるレベルで残ってるか
後は和紙の原料にもなりますが
楮やみつまた程メジャーでは無いですが
桑の若い枝はするすると樹皮が剥けますので
この樹皮は和紙の原料になります
ちなみに実家では養蚕辞めた後は桑の葉は
牛の餌にしてました
この和紙の原料になる若い枝ごとあげちゃう
【2016/04/12 15:50】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
へぇ~、桑の葉って、和紙の原料になるんですか!
初めて知りました。
あれだけ生産が多かったのに、和紙にスライドしなかったのは不思議ですね。
知恵を絞っていろいろと使っているのに、
日の目を見ない桑がちょっと可哀想です(笑)。
でも、桑の葉サワーはとっても美味しくて、
いろいろ健康機能を謳っていたから、高級食材で甦るかも?!
【2016/04/13 06:50】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2692-23c40af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる