中国西安料理と火鍋 XI'AN 市ヶ谷店  @市ヶ谷
昨日はお昼休みに外へ出たら、人出がほとんどなくて、街はガラガラでした。
お休みの人が多くて、羨ましかったです(笑)。
みなさま、楽しい連休の後半を☆

DSCF1569 (480x360)
2016年4月26日は、お昼になると上司が「外に食べに行こう。」と誘ってくれました。
しかしながら、いつもお店選びに悩む上司。
この日も出発前から「どこに行こうかなぁ。」とぼやいていました。
どうせ悩んだところで「嘉賓」か「ながい」にしか行きませんが(笑)。

この日はOさんが「中国西安料理と火鍋 XI'AN(しーあん) 市ヶ谷店」を提案したのですが、先輩と私が既に訪問したと知ると、「中華なら『登龍』があるな。行ったことないんじゃないか?」とOさんに聞いたのですが、Oさんは「いや、多分行ったことあります。」とつれない返事。
Oさんは「シーアン」がオープンするのをずっと待っていたのに、スケジュールが合わなかったり、体調がよくなかったりで行けていなかったのですごく行きたかったんだと思います。
結局、「シーアン」へ向こうことに。

DSCF0393 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りを麹町方面に向かって坂を上り、最初の交差点を右に曲がります。
交差点の角には2011年5月31日2011年7月14日にランチ訪問した「まんてん」(現在ランチ営業なし)があり、その隣にはたまにお弁当を購入する「こしひかり弁当」、その次が以前よく通っていた「祭り屋」だった場所、そして「シーアン」です。
問面にソニーミュージック本社があります。


地図です。
グーグルマップではまだ「シーアン」ではなく、「串八珍 別館」のまま(笑)。

DSCF0397 (480x360)
「シーアン」は、「串八珍」などが有名な株式会社豊創ホールディングスが展開する中国の西安料理を提供するチェーン店で、都内に8店舗あります。
市ヶ谷店は2016年3月31日にオープンした一番新しい支店です。

DSCF0394 (480x360)
シルクロードの起点で古都であり、美食の町「西安」の、多彩な食材とスパイスが織りなし、中華料理の中ではヘルシーで独創的な「西安大衆料理」を食べられるとのこと。
「シーアン」では選りすぐりの食材やスパイスを使って本場中国西安の一流麺点師たちが調理しているとのことです。
その中でも特に刀削麺をウリにしています。

DSCF0352 (480x360)
お店の前には料理サンプルの並んだケースが置かれています。
最近では珍しいのでは?

DSCF0355 (480x360)
道路上にはランチメニューの看板が出ています。

上司はこの看板を見て、「なんだ! ラーメン屋じゃないか!」と言ってきたので、「マーボー豆腐とかの定食もありますよ。」となだめ、何とか店内へ。
どうやら、上司はラーメンがあまり好きではないようです。

DSCF0396 (480x360)
夜のコースメニューの看板も出ていました。

この場所には、以前、2009年9月1日にオープンした「やきとり 串八珍 市ヶ谷別館」がありましたが、2016年2月12日に閉店しました。
さらにその前には、「鳥珍 市ヶ谷店」がありましたが、2009年8月28日に閉店しました。
「串八珍」も「鳥珍」も株式会社豊創ホールディングスの展開するブランドなので、この場所で3種類の店舗を開店させたことになります。

DSCF0356 (480x360)
営業時間はこちらです。

前回ランチ訪問したのは2016年4月6日だったので、20日ぶり、2回目です。

DSCF0359 (480x360)
12時15分頃に入店すると、ニューオープンの混雑は少し落ち着いたようで、待ち客はいませんでした。

DSCF0361 (480x360)
フロアは広く、茶色を中心とした内装はシンプルながらも新店なのでピッカピカ。
一番奥に厨房があり、その周りにテーブル席がたくさん並んでいます。
串八珍」時代と違い、個室とかを取り除いたので、同じお店とは思えないぐらい、広々しているように感じます。

DSCF0362 (480x360)
入ってすぐ右の窓の前にウェイティングのイスで少し待っていたら、すぐに席に案内されました。

DSCF0367 (480x360)
レジはフロアの中央にあります。

DSCF1583 (480x360)
キッチンはガラス張りなので、中の様子を見ることが出来ます。
大鍋で刀削麺を次々と茹でています。

DSCF1566 (480x360)
案内について行くと、一番奥のフロアへ。
こんなに奥があったんだ~と、ちょっとビックリ。

DSCF1559 (480x360)
敷居が幾つかあり、中華らしい円卓が幾つか並んでいました。

DSCF1564 (480x360)
私たちは奥のフロアの一番手前のテーブル席に通されました。
卓上にはメニュー、紙ナプキン、割り箸、爪楊枝、小皿、レンゲ、お水の入ったポット、調味料などなど。

DSCF1565 (480x360)
奥まった部屋なので、呼び出しボタンもあります。

DSCF1563 (480x360)
お水をいただきながら、メニューをチェック。

DSCF0369 (480x360)
ランチメニューです。

DSCF0370 (480x360)
刀削麺が6種類で全てお値段は750円、定食は4種類でお値段は全て880円です。
サイドメニューやデザートもあります。
それぞれのお料理の辛さは、星や唐辛子マークがついていて、一目でわかるようになっています。

DSCF1582 (480x360)
上司は担々麺、先輩は葱油麺を注文。
辛いものが大好きなはずのさんは、まさかの炒飯をチョイス。
なんでも、前日出張先でラーメンを食べたら、汁をかなりはねさせてしまい、ワイシャツを汚してしまったとか。
私はマーボー豆腐を食べようと思っていたのですが、やっぱり麺類が食べたくなり、酸辣麺をチョイス。
さらに、上司が餃子を全員分オーダーしてくれました。

麺類を注文すると、店員さんが「パクチーが入っていますが、大丈夫ですか?」と確認してくれます。
上司は苦手なので、抜いてもらいました。

DSCF0379 (480x360)
紙エプロンをいただくことが出来ます。
Oさん、先に知っていればとガッカリ(笑)。


葱油麺  (750円)
DSCF1567 (480x360)
先輩が注文した葱油麺は、やや茶色っぽいスープで、赤く染まったネギと細切りのチャーシューとパクチーがトッピングされています。
辛さレベルでは2番目に辛いからと注文したのですが、辛さはピリ辛ぐらいで、刀削麺の水切りが甘かったんじゃないかと思うぐらい、スープの味わいが薄かったとのこと。


酸辣麺  (750円)
DSCF1569 (480x360)
酸辣麺は、間口の広く、底の浅めな白い大きな器に盛られています。

DSCF1570 (480x360)
トッピングは挽肉、パクチー、茹でキャベツです。

DSCF1572 (480x360)
葱油麺と同じく、辛さのレベルは2番目ですが、スープは葱油麺に比べると赤かったです。

DSCF1571 (480x360)
小さく切った油揚げ?みたいなものが入っていました。
こちら、味わいのアクセントになってよかったです。

DSCF1573 (480x360)
まずはスープを一口。
前回麻辣麺を食べた時、ダシが弱めだったのであまり期待していなかったのですが、少々油が強いものの、黒酢がビシッと利いていてなかなか美味しい!

前回はパクチーのトッピングがとってもいいアクセントになりましたが、この日は黒酢のインパクトのせいか、あまり気付かなかったです(笑)。

DSCF1575 (480x360)
刀削麺なので、麺はギザギザして不揃いです。
麺は前回と同じく、ちょっと柔らかめ。
厨房の様子を見ている感じだと、すぐに提供できるよう、見込みで茹でているような気がします。
ボリュームは普通です。


鉄鍋ギョーザ  (500円)
DSCF1576 (480x360)
麺に少し遅れて、ギョーザが登場!

DSCF1577 (480x360)
食べる気満々で、卓上にある餃子のタレを小皿に入れたら、店員さんから「かなりしっかり目の下味をつけてあるので、タレはお好みで。」と言われちゃいました(笑)。

DSCF1578 (480x360)
鉄鍋なので、熱々のまま食べられます。
1皿6個です。

DSCF1580 (480x360)
餃子は細長い四角形で、こんがり焼けていて、美味しそう。

DSCF1581 (480x360)
皮はパリッとしていて、確かにこのまま食べても大丈夫なぐらい、しっかり味でした。
先輩と一皿をシェアしたので、3個食べました。
上司に感謝☆です。

DSCF1586 (480x360)
この日の領収書です。


刀削麺は初めてという上司の感想は、「ひもかわうどんみたいだな。」とのこと。
ひもかわうどんって、、、(笑)。
言い得て妙ですが、最近の若い人は、ひもかわうどんよりも刀削麺の方が馴染みがあるのでは?

酸辣麺は予想外に黒酢のインパクトがあり、これまで先輩と私が食べた4種類の中では一番美味しかったです。
次回こそは、ご飯メニューを食べてみなければ!


ランチメニューです↓
DSCF0369 (480x360)

DSCF0370 (480x360)

DSCF0371 (480x360)

DSCF0372 (480x360)

DSCF0374 (480x360)

DSCF0375 (480x360)

DSCF0376 (480x360)





2016年4月26日訪問時お店DATA
*************************************
中国西安料理と火鍋 XI'AN 市ヶ谷店 (しーあん)
〒102-0084 
東京都千代田区五番町10-2 センタービル1階
TEL 03-5275-5220
FAX 03-5275-5229
営業時間 
[昼] 11:30~14:30(L.O.14:00)
[夜] 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日 日・祝
JR総武線市ヶ谷駅より徒歩3分
地下鉄有楽町線・南北線市ヶ谷駅3番出口より徒歩3分
都営新宿線市ヶ谷駅3番出口より徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/05/03 09:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷 | ホーム | Taco Derio!  @市ヶ谷>>
コメント
拙者も外れ刀削麺引きました!
町田で食べ物イベントやってるってんでいそいそ出かけてみたらとんでもない
人出で入場制限されててこれに一人で並ぶのは嫌だなと
尻尾を巻いて逃げてきてでも折角町田まで来たしと
刀削麺のランチメニューに惹かれて適当な中華に入店
そしたら出汁感の薄いサッ○ロ一番醤油みたいなスープに
ラー油が浮いてるようなのにでろでろの刀削麺
む~ん
【2016/05/06 12:26】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
ハズレは悲しい&ガッカリですよね~。
中華屋さんのラーメンは日本のラーメンよりも、
ダシが薄く、ラー油の単調な辛さ、スープがぬるい、
ということが多々あります。
折角の刀削麺なのに、美味しく食べられない!
なかなか当たりを探すのは難しいです。
【2016/05/07 13:24】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2707-9da4ca37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる