舎鈴 小岩北口店  @小岩
昨日はボーナス支給日だったので、ウキウキしながら帰宅しました。
ほとんどは貯金、一部は夏休みの旅行資金ですが、ちょっとぐらいは自分へのご褒美に使いたいな~と思っています。
みなさま、楽しい週末を☆

本日は、マイブログ圏外の小岩にある「舎鈴」のリポートです。

IMG_2534 (480x480)
2016年6月19日の日曜日、小岩に「舎鈴(しゃりん) 小岩北口店」というつけ麺の新店が出来たので、夕飯がてら、行ってみることに。

IMG_2557 (480x480)
JR総武線小岩駅の北口を出て、イトーヨーカ堂をまっすぐ通り抜け、最初の角を左折します。少し行った右手に坂牧ビルがありお店はその1階です

この場所には以前「ゆで太郎」がありました。


地図です。

IMG_2558 (480x480)
「舎鈴」は、「六厘舎」・「トナリ」・「ジャンクガレッジ」などのブランドで有名な株式会社松富士が展開するつけ麺メインのチェーン店で、小岩北口店は2016年6月1日にオープンしました。
「六厘舎」の濃厚豚骨魚介に比べると、あっさり系のWスープで「毎日食べられる美味しいつけめん」を標榜しているとのこと。
関東に19店舗支店があります。

IMG_2559 (480x480)
入り口の右側にはディスプレイがあって、お料理の見本がとってもキレイに並んでいます。
左側にある写真入りのメニューは、チェーン店らしく、英語や中国語が併記されていました。

IMG_2556 (480x480)
入店してすぐ右側にタッチパネル式の券売機が置かれているので、先に食券を購入します。

IMG_2529 (480x480)
午後4時半頃に入店したところ、8割ほどの人の入り。
フロアはそれほど広くはなく、奥に厨房、その前にカウンター、それ以外のところにテーブル席が並んでいます。

IMG_2530 (480x480)
店員さんはたぶん全員男性で、チェーン店らしく、明るくて気持ちのいい接客です。

IMG_2526 (480x480)
ほぼ中央の二人用テーブルに着席。
卓上にはお水の入ったポット、割りスープの入ったポット、紙ナプキン、割り箸、爪楊枝、各種調味料が置いてあります。

IMG_2527 (480x480)
メニューです。
つけめんは、普通のもの、海老、担々などなど、種類が豊富。

IMG_2528 (480x480)
汁そば系もあります。

中華そば490円って、お安くてビックリ!

IMG_2531 (480x480)
トッピングもとっても種類が豊富。

IMG_2532 (480x480)
おつまみをお供にビールを飲むことも出来ます。

IMG_2524 (480x480)
「六厘舎」のつけ麺はよく食べているので、辛いつけ麺を食べてみることにしました。

IMG_2525 (480x480)
お水をいただきながら、しばし待ちました。


味玉つけめん  (730円)
IMG_2535 (480x480)
家人は味玉つけめんをチョイス。


赤辛つけめん  (730円)
IMG_2534 (480x480)
麺、つけ汁、赤辛に器が分かれています。
縁が赤の黒い長方形のお盆にのせられていました。

IMG_2543 (480x480)
白いプラスチック製のレンゲが添えられています。

IMG_2537 (480x480)
つけ汁は細かい模様の入った青い丼に入っています。
薄切りのナルトと長ネギが浮かんでいました。

IMG_2538 (480x480)
辛み調味料は別皿になっています。
このスタイルだと、最初にノーマルの味わいで食べて、その後辛くすることが出来るので、2種類の味が楽しめて、お得です♪
店員さんから、辛みはおかわりできるとのアナウンスがありました。

IMG_2539 (480x480)
麺は茶色い縁の黒い丼に盛られています。

IMG_2540 (480x480)
添えられた海苔は大きめの長方形のものが1枚。

IMG_2544 (480x480)
中太麺は、ピカピカ光っていて、とっても美味しそう~。

IMG_2545 (480x480)
まずはそのままデフォルトで食べてみました。
「六厘舎」のつけダレほどドロドロしていませんが、そこそこ濃厚な味わいです。
そして、辛みを全部投入!
ピリ辛ぐらいになりました。

IMG_2551 (480x480)
メンマは太めのものが結構入っていて、食感を楽しめます。

IMG_2549 (480x480)
チャーシューは結構大きかったです。
柔らかでした。

IMG_2547 (480x480)
家人が味玉を半分くれました。
わーい!
半熟の黄身が甘くて美味しかったです。

IMG_2546 (480x480)
お言葉に甘えて、辛みをもう一皿追加。

IMG_2548 (480x480)
量は好みでお願いできるようですが、最初と同じにしてもらいました。

IMG_2552 (480x480)
倍量の辛みを入れたら、さすがに結構辛くなり、食べながらすごく暑くなって汗をかいちゃいました(汗)。

IMG_2553 (480x480)
スープがだいぶ赤くなっちゃいました(笑)。

IMG_2554 (480x480)
最後にスープ割りをしたら、少し辛さがマイルドになって美味しかったです。
ただ、スープがちょっとぬるかったのが残念でしたが。


豚骨魚介のつけ麺は、かなりたくさんのお店があるので有り難みがだいぶ薄れてしまいましたが、年中無休で中休み無しで食べられるのはとってもありがたいです。
次回は坦々つけめんを食べてみたいです。


◆・◇・◆・◇ これまで訪問した小岩グルメです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

◎ラーメン 
ラーメン二郎 小岩店 (2011年9月27日2012年12月29日) 
らー麺屋 バリバリジョニー  (2012年1月21日) 
野武義  (2013年1月10日) 
麺家 六三四 (2013年1月12日) 
博多らーめん ばりかた屋 小岩店 (2013年8月12日) 
麺屋清水 (2013年8月23日) 
横浜家系ラーメン 01 (2014年4月26日) 
【閉店】濃厚鶏そば 武一とり食堂 (2015年1月10日) 
豚骨一燈 (2014年6月7日) 
越後秘蔵麺 無尽蔵 こいわ家 (2014年8月25日) 
麺屋 武士道 (2015年11月15日) 
舎鈴 小岩北口店 (2016年6月19日

◎その他 
セマウル食堂 小岩店 (2013年2月3日2015年10月11日2016年6月1日) 
小味園 本店 (2013年7月31日) 
レストラン喫茶 タクト (2014年2月11日2015年10月31日) 
SHEEP GANG DINING (2014年6月15日) 
ボローニア (2014年6月28日) 
【閉店】中国料理 一品楼 (2014年8月23日) 
丸亀製麺 小岩POPO店 (2015年11月1日) 
屋台屋 九ちゃん 小岩店 (2016年3月27日2016年5月21日) 
居酒屋 酔い処 (2016年4月17日) 
江戸前すし 縁むすび (2016年4月24日) 
木村屋本店 小岩駅前 (2016年5月4日
ベトナム料理専門店 フォーおいしい  (2016年6月18日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


 


2016年6月19日訪問時お店DATA 
***************************** 
舎鈴 小岩北口店 (しゃりん)   
〒133-0057 
東京都江戸川区西小岩1-21-20 坂牧ビル102 
電話 不明
営業時間 11:00~23:00(L.O. 22:45) 
定休日 なし 
JR総武線小岩駅北口から徒歩1分 

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2016/07/02 00:00】 | つけ麺 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<九州じゃんがららあめん 秋葉原本店   @秋葉原 | ホーム | 中国居酒屋 佳陽  @市ヶ谷>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2767-a8fe8528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる