中国居酒屋 佳陽  @市ヶ谷
昨日の夕方の突然の雨にはビックリでした。
タイミング悪く、ちょうどお客様が帰るところだったのですが、大丈夫だったのかなぁ。。。
このとき出かけていた先輩は、雨が降り続けていたのに虹が架かっているのを見たそうです。
梅雨の雨ではなく、夕立ですよね~。

IMG_2761 (480x480)
2016年6月28日は、お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人でランチを食べに出ることにしました。
新店が思いつかなかったので、2013年5月14日にランチ訪問した「うすけぼー チャイナ 市ヶ谷店」がリニューアルしていたので行ってみたのですが、階段にかかるぐらいたくさんの人が並んでいたので、断念(泣)。
いつも混雑しているお店なのは知っていたものの、雨だから少しは人が少ないかなぁと思ったのですが、全く関係なかったようです。
気分は中華系の辛いメニューになっていたので、わずか4日で「中国居酒屋 佳陽」に再訪しちゃいました(笑)。

DSCF2106 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日テレ通りに右側を半蔵門方面に向かって進み、最初の交差点を越えて少し行った先にグローリア初穂平野ビルがあり、お店はその地下1階にあります。

地図です。

DSCF8973_20131224053335ac0.jpg
こちらは以前撮影した写真です。 
まだGEMS市ヶ谷が存在していないので、かなり古い写真です(笑)。 

「佳陽」は2013年11月にオープンし、2015年11月頃からお弁当の販売も始まっています。 

この場所には2012年10月17日にオープンし、2012年10月18日にランチ訪問した「上海料理・四川料理 ミスターバン酒菜 市ヶ谷店」がありましたが、1年ぐらいで閉店したようです。 

さらにその前にはこの界隈では老舗だった「金糸」というお店がありましたが、2012年5月25日に閉店しました。

IMG_2680 (480x480)
お店は地下にあるので、細い階段を降りて行きます。 

この右横でお弁当を販売しています。

IMG_2781 (480x480)
階段の左側には店内のメニューの看板が出ています。

この日は火曜日だったので、名物!!坦々刀削麺が普段なら750円のところ、590円とお得に食べられました。

DSCF7388_20131219081249bc4.jpg
フロアは右側にカウンター、左側にテーブル席、奥にもテーブル席があります。 
間口のわりには奥が広く、席数も多いです。 
内装は、中華料理屋さんにしては西洋風ですが、とっても派手な色使いです。

DSCF7370_2013121908141707d.jpg
前回ランチ訪問したのが2016年6月24日だったので、わずか4日ぶりでした。 

DSCF7371.jpg
12時15分頃に入店すると、9割ほどの人のいり。 
お客さんは男性サラリーマンがほとんどです。

IMG_2658 (480x480)
壁には中国の絵がたくさん飾られていました。

IMG_2656 (480x480)
店員さんは多分全員中国人の方だと思いますが、中華料理屋さんにしては珍しく(失礼!)愛想がよくて丁寧な応対です。
特に店長さんでしょうか、レジも担当する男性の方は、いろいろと声をかけてくれたりします。

IMG_2760 (480x480)
17:00~19:30は、お得な晩酌セットがあるようです。

厨房の前を歩くと、辛い香りで鼻がムズムズします。
席についていても、時折辛い香りが辺りに立ちこめ、花粉症のように鼻がくすぐったくなります(笑)。

IMG_2758 (480x480)
2人であることを伝えると、奥の部屋の右側にある浮島のようなテーブル席に通されましたが、すぐに隣のテーブル席が空いたので、そちらに移動。

卓上にはお水の入ったポット、コップ、紙ナプキン、洗い箸、爪楊枝、各種調味料が置かれていました。
お水はセルフです。

IMG_2657 (480x480) 
お水をいただきながら、メニューを検討。

IMG_2643 (480x480)
ランチメニューです。 
中華料理屋さんらしく、メニューは定食・丼・ラーメン・刀削麺と、とっても豊富。
お値段も650円から980円と、リーズナブルです。
定食はご飯・スープがお替わり無料です。

ちなみに、毎週火曜日は、こちらのお店の名物メニューの坦々刀削麺が、750円から590円とお得に食べることが出来ます。

この日はまさに火曜日だったので、周りで注文している人が多かったです。

IMG_2651 (480x480)
内容的には重なっていますが、大きな写真を使い、とってもオシャレなデザインのメニューもありました。
油淋鶏は夕刊フジの取材を受けたとのこと。

IMG_2677 (480x480)
季節メニューの冷え冷えメニューも3種類ありました。

IMG_2757 (480x480)
美味しそうな辛いメニューがたくさんあって、かなり悩みましたが、こちらの酸辣湯刀削麺を注文。

IMG_2778 (480x480)
伝票です。
先輩は気になっていたというよだれ鶏ピリ辛定食をご飯少なめをチョイス。

IMG_2755 (480x480)
厨房のある細いフロアから奥の部屋へ入る壁にはいろいろなものが張ってあります。
こちらはこの日のおすすめランチなのかな?

IMG_2754 (480x480)
定食を注文した人は、ライス・スープの大盛・お替り無料です。

IMG_2753 (480x480)
前回来た時に、人がいなかったのでなくなったと思っていたセルフコーナーのサービスはまだやっていました。
自慢の水餃子と特製サラダはオープンの午前11時30分から、本格コーヒーは午後1時からで、それぞれ先着順、なくなり次第終了です。

IMG_2751 (480x480)
見てみましたが、水餃子は全く見当たらず。
特製サラダらしきものもはこんな感じになっていたので、取りませんでした。

IMG_2752 (480x480)
記載はありませんでしたが、杏仁豆腐がありました。
先輩も私は甘いものが苦手なので、いただかなかったです。

IMG_2756 (480x480)
奥にあるのが、午後1時スタートの本格コーヒーなのかな?

よだれ鶏ピリ辛定食 ご飯少なめ  (800円)
IMG_2767 (480x480)
先輩の注文したよだれ鶏ピリ辛定食は、メイン、お新香、スープ、ご飯のセットです。
長方形の黒いお盆にのせられていました。

IMG_2769 (480x480)
ご飯を少なめにお願いしたのですが、注文時にちょっとバタバタしていたので、先輩も私も多分伝わっていなかったんじゃないかと思っていたところ、ちゃんと少なめになっていました。
店員さん、疑っちゃって、ゴメンナサイ。

IMG_2768 (480x480)
写真がピンぼけですみません(汗)。
2013年2月23日にディナー訪問した「重慶府」など、四川料理屋さんでよく食べるよだれ鶏ですが、ランチで食べられるなんて、感激!
先輩から一口お裾分けしてもらったのですが、「佳陽」のよだれ鶏は見た目があまり赤くなく、その分、味わいも辛さはマイルドで、胡麻ダレの風味が強かったです。
辛くないのはちょっと残念でしたが、味付けそのものは美味しかったです。


酸辣湯刀削麺  (900円)
IMG_2761 (480x480)
酸辣湯刀削麺はとても大きな器に盛られていました。
見るからにボリュームたっぷり。

IMG_2762 (480x480)
黒いプラスチック製のレンゲが添えられていました。

IMG_2765 (480x480)
縁が一部欠けているところがありました。
気をつけて食べないと。

IMG_2772 (480x480)
「黒酢の酸味と自家製ラー油の辛味が相性抜群♪」とのこと。
酸っぱい香りがふわ~っと漂います。

IMG_2774 (480x480)
まずはスープを一口。
少しとろみがかかって熱々のスープは最初に酸味が広がり、後味がぴりっと辛くて、とっても美味しい~。

IMG_2773 (480x480)
刀削麺はかなり太めで啜ることは出来ず、しっかりと噛みしめて食べます。
「シーアン」の刀削麺に比べても、こちらの方が断然厚め。
先輩は「佳陽」の刀削麺の方が好きとのこと。

不思議なことに、スープだけで食べる時はそれだけで充分美味しいのですが、刀削麺に絡めて食べると、ちょっと旨味が薄くなってしまいました。
なので、麺とスープが一体となっているという意味では「シーアン」の方が美味しかったです。

IMG_2777 (480x480)
具は青菜、ニンジン、黒キクラゲ、豚肉、豆腐などなど。
ほとんどが細かく刻んでありました。


酸味と辛さのある熱々スープのせいで、食べ終わる頃には汗だくでした。
ボリュームたっぷりでお腹いっぱいになり、午後は眠くてしょうがなかったです(笑)。
牛肉麻辣煮込刀削麺とか豚肉マーラー煮込み定食とか、まだまだ食べたいメニューがたくさんあるので、Oさんに紹介がてら、また再訪したいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

[イートイン] 
マーボードーフ (2013年11月26日) 
ちゃんぽん(辛口) (2014年6月6日) 
四川風レバー炒め (2014年7月4日) 
麻辣刀削麺 (2015年10月23日) 
酸辣湯刀削麺 (2016年6月28日

汁なし冷やし麻辣刀削麺  (2016年6月24日

[テイクアウト] 
油淋鶏 (2015年11月13日) 
「佳陽」酢豚 (2015年12月1日) 
木くらげ・玉子・豚肉炒め (2016年1月26日) 
ネギチャーシュー (2016年4月1日) 
回鍋肉  (2016年5月10日) 
マーボーナス<チャーハン入り> (2016年6月15日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


ランチメニューです↓
IMG_2643 (480x480)

IMG_2644 (480x480)

IMG_2645 (480x480)

IMG_2646 (480x480)

IMG_2651 (480x480)

IMG_2652 (480x480)

IMG_2653 (480x480)

IMG_2654 (480x480)


季節ランチメニューです↓
IMG_2677 (480x480)


IMG_2649 (480x480)

IMG_2650 (480x480)


季節ディナーメニューです↓
IMG_2647 (480x480)


名刺です↓ 
DSCF7390_20131219081251951.jpg

DSCF7392_2013121908125369f.jpg


 


2016年6月28日訪問時お店DATA 
****************************** 
中国居酒屋 佳陽 (かよう) 
〒102-0085  
東京都千代田区六番町4-2 グローリア初穂平野ビル地下1階 
TEL  03-5211-8408 
営業時間  
[昼]11:00~15:00  
[夜]17:00~24:00(L.O.23:30) 
定休日 日曜日(予約のみ可) 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩3分 地下鉄麹町駅から徒歩4分 

スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/07/05 05:00】 | 中華 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<欧風カレー オーベルジーヌ 四谷本店  @四谷三丁目 | ホーム | 麹町はとり  @市ヶ谷/麹町>>
コメント
ほんと、あれがまさに
・叩きつけるような雨
・バケツをひっくり返したような雨
・犬と猫が降って来た
って感じですな

中華と言えば土曜日バスツアーの打ち合わせなどで
自由が丘で晩御飯にしてたのですが
急に「水餃子が食べたい」と仰りなので
検索したら餃子専門店もあるのね
待ち合わせ時間より早く自由が丘に着いて
店表を確認してたら
もう、如何にもな自由が丘マダムが
店から出てきて
「やっぱりここの餃子は美味しいわ」
と、同行者と話してるのを聞いて期待は高まりました
で、待ち合わせてお店に入って着座して
??って思ったのが店舗の大きさに対して
店員がおっちゃん一人
注文しようとすると「ごめんなさい、ちょっと待ってください」
嫌な予感ですな
ようやく、水餃子二種と焼き餃子一種とドリンク頼んで
落ち着いて乾杯して食べて見れば
期待以上の餃子これは美味しい自由が丘マダムの
意見は正解
だが、この後お店が空席を残しつつも一定数入ってくると
もう、おっちゃんのオペレーション追いついてません
その後から入ってくる客はお断りしてました
おっちゃんが死にそうに働いてるので追加注文も
気の毒で頼み難い状況になってしまった
あれでは有名なす○家がホワイトに見えます
急にスタッフに辞められるかしたのでしょうか
お店の構造が明らかに一人で働く形じゃないのよね
透明な仕切り板で厨房とカウンターが分けられてるので
注文取るためにも調理する手を止めて
カウンターに出てこなくてはならない
ホールスタッフが一人居るだけで全然違うはず
なのに、更にカウンターの外にテーブル席がある
お勘定済ませた後、店表を見たらアルバイト急募してました
早くアルバイト来るといいですな
【2016/07/06 09:26】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
外食していると、いろいろなお店に出会いますよね~。
仕方ない状況なのかもしれませんが、
お客さんがいたたまれなくなる状況は、是非とも避けていただきたいです。
どんな状態でも対応するしかないから、ホント、客商売って大変です。
アルバイトさんがみつかっているといいのですが。

それでも、美味しかっただけよかったですよね。
美味しくなかったら、目も当てられない(汗)。
【2016/07/08 07:55】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2770-b13124c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる