桜季  @四谷
早いもので、今日で8月も終わりです。
私は二日間夏休みをいただいて四連休だったので、完全に浦島さん状態(汗)。
ちゃんと仕事に復帰できるかしら。。。

IMG_5178 (480x480)
2016年8月24日は、お昼時に上司とOさんが外出中だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
行ってみたい新店が二つあり、お蕎麦屋さんと洋食屋さんのどちらがいいか先輩に尋ねたところ、お蕎麦がいいとのことだったので、「桜季(さくらぎ)」へ行ってみることに。

IMG_5186 (480x480)
JR・地下鉄四ッ谷駅から新宿通りの左側を新宿方面に向かって進み、最初の角を左折してすぐに出てくる角を右折します。

IMG_5184 (480x480)
道幅が細く、長さもそれ程でもないこちらの道には、くすのき通りという名前が付いていて、こんな立派な標識も立っていました。

地図です。
まだお店としては出てこなかったので、ビルとして検索しています。

IMG_5185 (480x480)
ランチメニューの看板が出ています。
1種類のみ、1,000円です。
アイスコーヒーはプラス250円かかります。

「桜季」は、2015年12月29日にオープンしたそうです。

IMG_5187 (480x480)
お蕎麦屋さんには全く見えない外観にビックリ。
強いて言えば、カフェ?
ちなみに、写真には写っていませんが、手前の方に空のワインボトルが積んであります。

この場所には以前、喫茶店のようなお店があり、ずっと宿題店でしたが、訪問出来ず終いでした。

IMG_5169 (480x480)
入店してみると、フロアは結構広く、左に厨房、その前にカウンター、右にテーブル席が並んでいます。
木材をたっぷり使ったシンプルな内装でした。

厨房に男性、フロアに女性がいらっしゃいましたが、ご夫婦でしょうか。
とても丁寧な接客でした。

IMG_5168 (480x480)
一番奥にテレビも置いてありました。

12時20分近くに入店すると、7割程の人の入り。

IMG_5157 (480x480)
私たちは一番奥の席に通されました。

その日のメニューは黒板に書かれています。

IMG_5158 (480x480)
着席すると、お茶とおしぼりをいただき、お料理を待ちます。

IMG_5159 (480x480)
最初にお蕎麦以外のメニューが出て来ます。
茶色い長方形のお盆にのせられていました。
凛とした佇まいがとってもステキ。

IMG_5160 (480x480)
お箸は洗い箸です。
箸置きも銀色の花びらみたいな形でカワイイ。

IMG_5166 (480x480)
香の物。
タクアンとナスの2種類ありました。

IMG_5163 (480x480)
色とり野菜とハーブ鶏の五目飯。
出汁がとっても利いていて、多分、もち米が入っているようで、すごくシャキシャキした食感で美味しかった~。
ご飯のかたさ加減が滅茶苦茶好みで、もっと食べたかったです。

IMG_5161 (480x480)
豚とゴーヤのチャンプルー。
こちらは作り置きなので常温です。
そのせいか、ややお肉はしっかり目の歯応えでしたが、ゴーヤに苦みも感じられて美味しかったです。

IMG_5162 (480x480)
ところで、私たちはお店のシステムを知らなかったので、折角ならお蕎麦も出揃ったところで写真を撮りたいね~と話していて、お料理を食べずにお蕎麦を待っていました。
ところが、待っても待っても出てこないので、仕方なく、すこ~しずつお料理をつまんでいたら、実はお料理が終わったらお蕎麦を出す、というスタイルだったらしく、厨房が見える先輩が、「ずっとこっちの様子を見ていたのはそのせいだったのか~。」と言っていました(笑)。

結局、20分以上経ってからお蕎麦を出していただきました。
いや~、あまりにも時間がかかっていたので、粉から作ってる?と思っちゃいました(笑)。

IMG_5170 (480x480)
ようやくお蕎麦になりました。
お揃いの模様の器が二つ出て来ます。

IMG_5172 (480x480)
こちらの徳利には蕎麦つゆが入っていました。
量は多くありません。

IMG_5171 (480x480)
こちらの器は二段になっていて、上には薬味が盛ってあります。

IMG_5174 (480x480)
上をはずすと、こんな感じです。

IMG_5175 (480x480)
いただきま~す!

IMG_5178 (480x480)
本格的なお蕎麦は久しぶりでした。

IMG_5176 (480x480)
徳利やお猪口と同じデザイン八角形の、個性的なお皿です。
お蕎麦がこんもりと盛ってありました。

IMG_5177 (480x480)
外一割石臼挽せいろ蕎麦とのこと。
とても細くて、そのせいか、崩して食べてみると結構量がありました。

蕎麦つゆは甘くなくてしっかり塩気もあって、好みのタイプです。
シャキッとしたお蕎麦ののど越しを楽しめました。

IMG_5179 (480x480)
お蕎麦を食べ終わった頃を見計らって、そば湯が出て来ました。

IMG_5180 (480x480)
私ったら、そば湯のことをすっかり忘れていて、量もほとんど残っていなかったので蕎麦つゆをそのまま飲んじゃっていました(汗)。
女将さん?が、出すタイミングが遅かったとしきりに謝って下さり、蕎麦つゆを少し追加でいただいちゃいました。
大変ありがたかったです~。

IMG_5182 (480x480)
そば湯で割って美味しく飲み終えました。

1,000円でお蕎麦だけでなくご飯とおかずもいただけて、とってもお得だったと思います。
お蕎麦好きの先輩は、「お手頃で美味しいお蕎麦屋さんが近くにできてくれて嬉しい!」と喜んでいました。




2016年8月24日訪問時お店DATA 
******************************** 
桜季 (さくらぎ) 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷1-10 第2上野ビル1階 
TEL 03-6380-1501 
営業時間  
[月曜日] 18:00~23:00(不定) 
[火~金] 11:45~(蕎麦売切次第終了) 18:00~23:00(不定) 
[土曜日] 11:45~(蕎麦売切次第終了)
定休日 日・祝 、月・土は変則(土曜夜・日曜予約可)
JR・地下鉄四ッ谷駅から徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/08/31 05:00】 | 蕎麦 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<四ッ谷 胡桃屋  @四谷 | ホーム | 餃子酒場 四谷本店  @四谷>>
コメント
暑かった八月に相応しい猛烈に暑い31日になりそうです
ってか9月いっぱい暑いって噂もちらほら・・・
怖や怖や

本格的お蕎麦が珍しいです(笑)
千円でセットはいいですな
お汁はだいたい気の利いたお店なら無料で
追加してくれますな
一回こっちの友人をうちの田舎に招待した際
地元の蕎麦屋だけど拙者も初めて入った
お店で比較的大きな声だったのか
蕎麦湯美味しいを連呼してたら
蕎麦湯とお汁のお代わりをどんどん持ってきてくれて
ちょっと心苦しかった思い出
でも、ほんと蕎麦湯が大好きなんすよ
家でも蕎麦粉で蕎麦湯だけ作って
蕎麦汁で割って飲んだり焼酎割作ったりします
蕎麦がきもたまーに作ります
【2016/08/31 10:03】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
この界隈の新規開拓の場合は、ジャンルを問わずに食べるので、
お蕎麦屋さんでも行きますよ~(笑)。

蕎麦粉で蕎麦湯だけ作るなんて、本当に蕎麦湯がお好きなんですね!
でも、蕎麦汁で割った焼酎って、滅多にいただけないですが、
美味しいですよね。私も大好きです。
【2016/09/02 05:53】 URL | なお #-[ 編集]
家で蕎麦湯作る時もお湯で溶かすだけだと
やはり生っぽいので小鍋でちょっとだけ煮立てるのです
蕎麦湯はお店によって本当に茹で釜の
お湯使うだけのすっきり蕎麦湯のお店と
蕎麦粉でしっかり煮て作ってとろりとポタージュのような
お金取っていいレベルで手間を掛けてるとことありますな
ちなみに富士山盛りで有名な横浜の
味奈登庵は蕎麦湯に蕎麦の実が入ってて
香ばしいのです
1kgの富士山盛り挑戦した後ですと
相当苦しいのですが
ぷるぷる震えながらそれでも飲みます
【2016/09/03 18:33】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
以前お蕎麦屋さんでポタージュ蕎麦湯を飲んで感激したことがありました。
あれは本当に美味しかった~。
またぜひ食べてみたいです。
自分でも作れたら良いのに、と思っちゃいます(笑)。
【2016/09/05 08:22】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2817-3c7dbed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる