タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷
急に天候が夏に戻ると、身体が辛いですね~。
暑さも大変ですが、湿気がとにかくひどく、この二日ぐらい、朝起きると外は真っ白にもやっていました。
みなさま、ご自愛下さい☆

IMG_6520 (480x480)
2016年9月20日は三連休明けの日。
お昼時に上司とOさんが不在だったので、先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
GEMS市ヶ谷」の新店が、15日ぐらいからオープンしていたような気がしたので、行ってみることに。

DSCF4656 (480x360)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に進み、最初の交差点の角にGEMS市ヶ谷があります。 
市ヶ谷駅を出てすぐ、坂の上を見上げると、ビルがど~んと目の中に飛び込んできます。

 地図です。

DSCF4654 (480x360)
「GEMS」は野村不動産株式会社が手がける都市型商業施設で、2012年に開業した渋谷に続いて市ヶ谷でオープンしました。 今後は港区の芝大門、そして千代田区の別のエリアで開業する予定とのことです。

DSCF4601 (480x360)
こちらは以前撮影した写真です。 
「市ヶ谷に食の塔、あらわる」というキャッチフーレズで登場したこちらのビルには、地下1階から地上9階までの10フロアに各階1つずつ飲食店が入っています。 

10店舗全部でランチ営業をしている訳ではなく、確か7・8店舗だったと思います。

IMG_6512 (480x480)
新店がオープンしたというのは私の勘違いで、実際には10月15日でした(汗)。

DSCF5042 (480x360)
先輩に「どうしましょうか?」と聞いたら、ここに来たからには「辛いタイ料理が食べたい!」とのことで、オールドタイランド」へ行く事に決定。

オールドタイランド」は、19世紀末に開明期のタイの首都バンコクに建てられた貴族の家のことだそうです。 
新橋と飯田橋に支店があり、GEMS市ヶ谷店は3店舗目で、2014年11月13日にオープンしました。 姉妹店の「クルン・サイアム」というお店もあるとのこと。

DSCF5041 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
このビルには小さなエレベーターが2基ありますが、混雑する時間帯はちょっと待たされます。 
ちなみに、お店が定休日の時はその階に降りられません。

ランチタイムにエレベーターに乗ると、いつもタイ料理の香りがします(笑)。

DSCF5018 (480x360)
エレベーターを降りると、お店のフロアに直結しています。

IMG_2224 (480x480)
以前、ランチで並ぶときに、こんな赤いプラスチックのナンバーをもらったこともあります。

12時10分頃にお店に到着したら、すぐに席に通されました。
席が空いていてよかった~。

DSCF5003 (480x360)
フロアは左に厨房、その前にカウンター席、周りにテーブル席が並んでいます。 
アジアン料理というと、民族風のコテコテっぽい内装が多いですが、こちらは木目の調度品を使っているもののかなりモダンなテイストです。

DSCF5004 (480x360)
天井なんて鏡張りの上に紫色のライトが走っていて、とっても派手。 


DSCF5017 (480x360)
「オールドタイランド」のランチは人気でいつも大混雑。 
個人的な体感では、GEMSの中で一番人が入っている感じがしますが、どうでしょう?

DSCF9665 (480x360)
テーブル席はこんな感じです。

DSCF4983 (480x360)
テーブルの下には荷物を入れるためのカゴが置いてあります。

DSCF3953 (480x360)
こちらはカウンター席です。

DSCF3967 (480x360)
カウンターにはタイっぽいカワイイ小物がたくさん飾られていました。

DSCF3956 (480x360)
ガラス張りの厨房では、たくさんの調理人の人たちが忙しそうにお料理を作っています。

DSCF9664 (480x360)
窓はとっても大きいです。

DSCF4984 (480x360)
外を眺めるとこんな感じ。

DSCF4985 (480x360)
こちらはテラス席です。

DSCF1147 (480x360)
あちこちに植物が並べてあります。  

IMG_2237 (480x480)
テラス席からの眺めはこんな感じ。 

IMG_2239 (480x480)
テラスから店内への扉には、英語とタイ語で表示されていました。

IMG_6518 (480x480)
この日はエレベーターから降りて一番右奥のテーブル席に通されました。

卓上にはメニュー、お水の入ったポット、紙ナプキン、カトラリーのセット、キャンドル用?のコップ、爪楊枝が置いてあります。

IMG_6519 (480x480)
奥まった場所だからか、呼び出しボタンが置いてありました。

DSCF3958 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
爪楊枝は、デザインは違いますが、編み込んだ小さな器に入っています。

DSCF8261 (480x360)
こちらも以前撮影した写真です。 
こちらは、タイ料理屋さんお約束のナンプラー・お酢・プリックポン(唐辛子をすりつぶしたもの)・砂糖の4種類が入ったクルワンプルーンです。 

私はあまり味わいを調整する方では無いので、ほとんど使ったことがないです。 
天井のライトが映り込んじゃっています(笑)。

DSCF5011 (480x360)
おしぼりは白いビニール袋に入ってます。 
卓上のカトラリーセットの中にありました。

IMG_6513 (480x480)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

いつもは民族調のコップですが、この日はフツーのガラスのコップでした。

DSCF4994 (480x360)
ランチメニューです。 
写真が大きくてキレイなので、とても見やすいです。 
お料理は定番メニューが13種類と多く、お値段は900円から1,240円と、エスニック系にしてはちょっとお高めです。 
唐辛子マークの本数で辛さの程度がわかります。 
お料理のほか、タイのお茶やデザートもいただくことが出来ます。

この日は季節メニューがなかったような気がします。

IMG_6536 (480x480)
この日の伝票です。
先輩はカオ・パット・クン、私はセンレク・ナームをバーミーで注文。


カオ・パット・クン (980円)
IMG_6529 (480x480)
先輩が注文したカオ・パット・クンは、エビ入りあっさりチャーハンです。

IMG_6530 (480x480)
以前から先輩と何度か話しているのですが、ガパオとかだとご飯がものすごいボリュームなのに、なぜかこのメニューは普通サイズぐらいで、あまりお得な感じがしません。


センレク・ナーム(900円)+バーミー(50円)=950円
IMG_6520 (480x480)
メイン、生春巻のセットです。
いただきま~す!

IMG_6515 (480x480)
生春巻は、小さなサイズに切ったものが2つ、白いココットに入っています。 

IMG_6516 (480x480)
刻んだナッツがトッピングされていて、スイートチリをかけてありました。 
たっぷりのキャベツのほか、ニンジンや大葉、春雨?などが入っていて、かなりあっさりとした味わいです。 

作り置きだから仕方ないのですが、たまに、切り口が乾燥しちゃっていたり、巻きが甘くてお箸で持ち上げようとすると崩れちゃう時があります。

IMG_6522 (480x480)
センレク・ナームは、たっぷりの野菜からとった、タイのあっさり汁麺で、卓上調味料でお好みに味付けをするとのこと。

IMG_6528 (480x480)
スープは薄いブルーの器に入っていて、ダブルソーサーになっています。
お皿と器の間には紙ナプキンがはさんであり、薄いアルミのスプーンが添えられていました。

IMG_6524 (480x480)
中央にはパクチーがトッピングされています。
もっとのっているといいのになぁ。

IMG_6523 (480x480)
三角形の揚げワンタンが2枚、麺に刺さっています。
パリッとした食感と、スープに浸して柔らかい食感の2種類が楽しめるのがよかったです。

IMG_6525 (480x480)
小海老は鮮やかな赤で、彩りのアクセントになっています。

IMG_6526 (480x480)
もやしもたっぷり入っていました。

IMG_6527 (480x480)
ひき肉は、鶏肉かな?

IMG_6532 (480x480)
まずはスープを一口。
濃い味好きの私はあっさり系なのがちょっと不安でしたが、意外と旨味が強かったです。
ただ、少し甘い味付けだったので、卓上調味料でお酢や辛さを加えてみたら、辛味は増したものの、甘さは消えず(泣)。

IMG_6531 (480x480)
バーミーは卵麺なので、黄色です。
とても細い麺で、ちゅるちゅるした食感が美味しかったです。

IMG_6535 (480x480)
スープの中にはタイ風練り物が2個入っていました。

IMG_4557 (480x480) 
こちらも以前撮影した写真です。
レシートはこんな感じです。


米麺も大好きですが、もともとラーオタなせいか、バーミーもとっても美味しかったです。
定番メニューをほとんど食べたので、もっと季節メニューがあるといいのにな~と思っちゃいます。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたランチメニューです↓ ◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

◎定番メニュー 
<ご飯> 
ガイ・パット・バイガパオ・ラート・カオ (2016年2月4日) 
タレ-・パッポン・カリー  (2016年6月10日
カオ・パット・クン (2016年8月17日
カオ・パット・トムヤム   (2015年10月21日) 
ゲーン・キィオ・ワン・ガイ (2016年4月27日) 
ゲーン・キィオ・ワン・アボガド (2016年3月30日) 

<麺> 
パッ・タイ (2016年3月22日) 
センレク・ナーム (2016年2月29日) 
タイスキ  (2015年1月9日) 
カオソイ  (2014年12月4日) 
クイッティオ・トムヤム<バーミー> (2016年6月10日

◎季節メニュー 
チムチュム (2015年12月16日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇

定番ランチメニューです↓ 
DSCF7062 (480x360)

DSCF7063 (480x360)

IMG_2231 (480x480)

IMG_2230 (480x480)


季節ランチメニューです↓ 
IMG_4298 (480x480)

DSCF3951 (480x360)

ドリンク&デザートメニューです↓ IMG_2226 (480x480)

DSCF4990 (480x360)

IMG_2227 (480x480)

ディナーメニューです↓
DSCF9984 (480x360)

DSCF9985 (480x360)

DSCF9986 (480x360)

DSCF9987 (480x360)

DSCF9988 (480x360)

DSCF9990 (480x360)

DSCF9989 (480x360)




2016年9月20日訪問時お店DATA 
******************************** 
〒102-0085  
東京都千代田区六番町4-3 GEMS市ヶ谷3階 
TEL 03-6380-8360 
営業時間  
[昼] 11:30~15:00(L.O.14:30) 
[夜] 17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休日 年中無休   
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩3分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/09/27 05:00】 | タイ | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<原始焼 六番町 魚鷹  @市ヶ谷 | ホーム | おむすび 権米衛 ファーマーズキッチン アトレ四谷店  @四谷>>
コメント
ほんま、涼しくなったと思ったところに
この暑さ
例年でもぽこっと一日暑い日があったりは
ありますが何日も続けてってのは記憶にござらん
そろそろ長袖新調したいと思ってたのに
売り場に行っても手が伸びないです

タイ飯食べたくなってしまった
例のインドレストラン行こうかな

そうそう、週末
http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/eaavn/notice.html
こんなのがありますだよ
いやね、何年か前に家の外から
すんごいヘリ音聞こえて来たので
表に出て見たら数十機のヘリが飛んでて
慌ててしまったが
調べるとこのお祭りで飛び上がったヘリの一部が
こっちまで飛んできたらしい
今週に入ってこのお祭りの為か
ヘリの数が凄いっす
【2016/09/29 07:27】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
突然家の近くの空に数十機のヘリが飛んでいたら、度肝を抜かれますよね~。
住宅街だし。
爆音もすごそう。

昨夜は四川料理の火鍋を久しぶりに食べました。
麻辣ガッツリで、大満足。
タイ料理や四川料理は、定期的に食べたくなる中毒性がありますよね~。

【2016/09/29 08:06】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2837-e7523f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる