旨辛ラーメン 表裏 市ヶ谷本店  @市ヶ谷
日々の仕事に追われて、なかなかたまった仕事がはけない上に、これから年末に向けてさらにバタバタしそうなので、今週はちょっと残業ウィークにしてがっつり片付けようかなと思っています。
がんばるぞ~!!

IMG_8843 (480x480)
2016年11月29日はお昼時に上司が不在だったので,Oさんと先輩と私の三人で外へランチを食べに出ました。
以前から激辛好きのOさんに紹介したかったのに,タイミングが合わなかったり,Oさんが体調を崩していたりでなかなか行けなかった「旨辛ラーメン 表裏(ひょうり) 市ヶ谷本店」に,この日ようやく行けることに。
IMG_7666 (480x480)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から靖国通りを九段下方面に向かい、二つ目の東郷公園入口交差点を右折します。東郷通りを少し行った右手にくじらビルがあり、お店はその一階です。

地図です。

この場所には、2012年6月26日にオープンし、2012年7月4日にランチ訪問した「博多らーめん みつぼし 市ヶ谷店」がありましたが、2016年9月末で閉店したそうです。

さらにその前は、「手打ちうどん ちた屋」というお店があり、2009年2月26日にランチ訪問しましたが、2012年の春頃に閉店したようです。

IMG_7667 (480x480)
「表裏」は辛いスープに大きな唐揚げをのっけたボリューミーなラーメンが食べられるお店で、2010年7月22日に水道橋でオープンし,2013年6月2日にランチ訪問したことがあります。
理由はわかりませんが,水道橋本店は2016年9月30日に閉店し、2016年10月17日に市ヶ谷に移転オープンしました。

前回ランチ訪問したのは2016年10月25日だったので,約1ヶ月ぶり,3回目です。

IMG_7668 (480x480)
「表裏」は麺屋こうじグループの一員で、独立店とのこと。
ブランドイメージは二郎+中本だそうです。
高田馬場に支店があります。

IMG_7669 (480x480)
基本メニューは辛い味付けですが、辛さなしのメニューもあります。
野菜増し、ニンニク増し、麺多めの中盛が無料で選べます。
学生さんには大盛無料という学割もあるとのこと。

12時15分頃に到着したところ、外の行列がなくてビックリ。
ただ、店内に3・4人並んでいました。

IMG_7642 (480x480)
入り口からすぐ左に券売機があるので、先に食券を購入します。

IMG_8839 (480x480)
本当はちょっと変わり種でカレーつけ麺食べようかと思っていたのですが、この日はとても寒い日だったので、つけ麺よりもラーメンが食べたくて、かつ、激辛がいいなぁと思い、極辛あんかけ拉麺をチョイス。
人気ナンバー5と、何だか微妙なランキングですが(笑)。

IMG_7641 (480x480)
こちらは以前撮影した写真です。
食券はすぐ店員さんに渡してしまったので、写真を撮れませんでした(泣)。

フロアはそれ程広くはなく、細長くて奥に厨房があり、手前にカウンター席とテーブル席が並んでいます。
シンプルながらも明るい雰囲気です。

IMG_7645 (480x480)
壁にはラーメンについての詳しい説明書きがあるので、料理を待つ間の時間潰しにはもってこいです(笑)。

お客さんはサラリーマンばかりでなく、学生さんも多いです。

IMG_7646 (480x480)
壁の上の方には雑誌で紹介された記事がた~くさん。
デカ盛り系で辛いメニューということもあって、マスコミにはしょっちゅう出ています。

IMG_7643 (480x480)
こちらはカウンター席です。
長さの割には席数が多くないので,かなりゆったりと座れます。
ただ、ティッシュを置いている間隔がちょっと長いので、一人だと取り辛いかも。

IMG_7807 (480x480)
こちらも以前撮影した写真です。
この日はフロア左奥にある4人用テーブルに通されました。

IMG_7806 (480x480)
卓上にはお水の入った大きなポット、ティッシュボックス、割り箸、レンゲ、各種調味料などが置かれています。

IMG_7808 (480x480)
大きな容器を開けてみると、唐辛子パウダーが入っています。
好みで辛さを追加できるのは嬉しいです。
ただし、テーブルによってはもっと小さなボトルの容器に入れられていることもあります。

IMG_8840 (480x480)
着席するとお水をいただきます。
食券を渡す際、麺を中盛りにするかどうか、ニンニクを入れるかどうか、辛さをどうするか、などを聞かれます。

ついつい調子に乗って、麺中盛り、野菜増し、ニンニク入りでお願いしちゃいました(笑)。

IMG_7649 (480x480)
紙エプロンは、券売機の上に置いてあるのを自分で取るか、店員さんが持って来てくれます。
この日は初めて券売機の上に置いてあるのを取って来ました。
自分で首の後ろをしばるタイプです。


旨辛あんかけDX 麺中盛 野菜マシ ニンニク入り (980円)
IMG_8841 (480x480)
しばし待って、まずはOさんの旨辛あんかけDXが登場。
ただ、この時電話につかまって外からなかなか戻ってこなかったので、呼びに行きました(汗)。
しっかりした辛さと旨さがあって、すごいボリュームだと言ってもらえて、一安心。


ピリ辛拉麺  (700円)
IMG_8842 (480x480)
この日、ちょっと胃の調子が悪かった先輩は、ピリ辛拉麺を注文。
スープが赤くなくて具がシンプルなので、ちょっと寂しげに見えます(汗)。
先輩曰く、ベースのスープは美味しいけど、やっぱり辛いテイストにした方が合うとのこと。
途中、卓上の粉唐辛子をかけて食べていました。


激辛あんかけ拉麺 麺中盛 野菜マシ ニンニク入り  (810円)
IMG_8843 (480x480)
いただきま~す☆

記事を書いていて気付いたのですが、前に食べたメニューでした(汗)。
赤茶色のスープにたっぷりの粉唐辛子がとってもワクワクします。

IMG_8844 (480x480)
野菜マシにしたので、山盛りになるぐらいのたっぷりのもやしでした。
横から見るとボリューム感が伝わるかな?

IMG_7814 (480x480)
もやしの上にはたっぷりの唐辛子パウダーがかけてあります。
赤いビジュアルがいいですね~。

IMG_7816 (480x480)
こちらは拉麺の普通のスープの部分ですが、、、

IMG_8846 (480x480)
こちらは辛味あんです。
ちょっと淡い茶色で、やや甘めのテイストです。
大ぶりにカットされたナスが2切れ入っていました。
とろけるような柔らかさです。

IMG_8848 (480x480)
スープは唐辛子系のすっきりした辛さで、激辛だけあって、かなり辛い~。
気をつけてすすらないと、むせちゃうので、ご注意!
でも、スープは辛味に負けない旨味があるので、どんどん食べ進められます。
同じ激辛でも、つけ麺よりも遙かに辛く、食べているとどんどん汗をかいちゃいました。

IMG_8849 (480x480) 
麺は四角い中太麺です。
タピオカ粉が入っているからか、固めのつるっとした食感で、辛いスープが絡んでとっても美味しい~。
中盛りにしたので、かなりボリュームたっぷりでした。


この日もしっかりと辛くてボリュームたっぷりでお腹いっぱいです。
次回こそは、カレーつけ麺にチャレンジしようと思っています。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 

激辛あんかけDX (2013年6月2日
激辛あんかけ拉麺 中盛 野菜マシ (2016年10月25日2016年11月29日

激辛つけ麺DX 中盛 (2016年10月19日) 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 




2016年11月29日訪問時お店DATA 
******************************* 
〒102-0074  
東京都千代田区九段南4-7-19 くじらビル1階 
電話   03-5215-6487
営業時間 11:00~23:00  (*スープ切れ次第終了 )
定休日 なし 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩4分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/12/06 05:00】 | らぁめん | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<VIE DE FRANCE 市ヶ谷店  @市ヶ谷 | ホーム | No.4 -Hand-crafted- BREAD&PIZZA  @市ヶ谷>>
コメント
唐揚げが乗ると言えば万世のパーコー麺
久々に食べましたって新宿のお店ですが
久々に行ったら辛味パーコーなんてあったので
それチョイス
って券売機に前の客が放置してった
領収書を間違えて取ってしまい
自分のタッチが認識されてなくて
券が出てないのに気付かずそれをスタッフに提示すれど
食券を出してくださいって言われるのよ
いや、だから食券・・・ってよく見ると値段違うし
メニュー違うし領収書だし
券売機に戻ってみたら
画面をタッチしろ状態で止まってました
危ない次の客に1050円寄付するところだった
ちなみに辛味パーコーは所謂昔ながらのネギラーメン
パーコー乗せって感じ
昔のネギラーメンって白髪ねぎにラー油かけてあって
辛口になってる事が多かったじゃないですか
最近は辛いメニューとネギラーメンは別って感じに
なってますが
ただ、万世のラーメンスープは大好きなので
味変大好きおじさんの拙者でも万世のラーメンは
これ以上ラー油等で辛味を増すと
調和が崩れる感じがしてやりませんですが
【2016/12/06 20:21】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
大変な事態になりかけましたね~。
初めてのお店だと、どういうスタイルで発見されるかよくわからないですし。

確かにネギラーメンって、ピリ辛メニューですよね。
最近は種類豊富な激辛ラーメンがあるので、ネギにラー油を絡めるネギラーメンは何だかとってもシンプルで、昔懐かしい感じすらします。
万世のパーコー麺、食べてみたいな~。
最近秋葉原はラーメン激戦地区なので、他に気になるお店が多く、なかなかチャンスがありません(汗)。
【2016/12/07 06:27】 URL | なお #-[ 編集]
そうそう、秋葉の万世本店のラーメンは
あの、食べ物屋が少なかった時代でも
いつ行っても空いてたの
アド街とかで紹介もされてるのに
皆、神田川を渡るのがめんどくさいから?
昔は地下フロアー半分ラーメン屋になってて
でもなんか広い喫茶店みたいな内装だったのが
ミスマッチなお店だった
まあ、がらがらにしとく訳に行かない一等地ですから
ラーメン屋は1Fの半分外に追い出されてしまいました
まあ、お蔭でいつも丁度席が埋まってるくらいで
ランチタイム以外なら並ばないで食べられる感じ
万世本店は夏はビアホールもやってるね
エビス飲み放題なのがいい
【2016/12/07 07:44】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
確かに、一般的な秋葉原をイメージすると、ちょっと離れていますよね~。
上野まで歩いて行くのに、何故かあっち側には遠いイメージがあります(汗)。

あのビルは全て飲食店なのに、どこにも入ったことがありません(汗)。
ビアホールをやっているとは知りませんでした。
ヱビス飲み放題はいいですね!
【2016/12/08 06:28】 URL | なお #-[ 編集]
ですね
秋葉から食べ物屋探して歩きはじめるなら逆
上野に向かってしまいます
普通
拙者は御茶ノ水で降りてホテル聚楽の前を通って
御茶ノ水郵便局の脇から線路沿いに中央通りに
向かう天邪鬼な行き方をするので
万世に先に入ってラーメン食べてから
秋葉をうろうろする感じなんですよ
学生時代からずーっと
後はもう一つ天邪鬼な経路は
銀座線広末町から行くパターン
これは社会人になって更に横浜に住むようになってから
田園都市線沿線なので銀座線で行くのが便利なんす
それか神田駅
銀座線は秋葉が丁度駅と駅の中間なのよね
【2016/12/08 10:32】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
秋葉原へのアクセスが渋いですね~(笑)。
でも、私もずっと総武線沿線&京成沿線だったので、お茶の水から坂を下って秋葉原入りすることは多いです。
末広町エリアも良く歩いています。
ちょっと歩くだけなのに、街の雰囲気がかなり変わるので面白いですよね~。
【2016/12/09 06:28】 URL | なお #-[ 編集]
ちなみに帰りに銀座線神田駅使うときは
飲んだ後とかだと10時とか11時じゃないすか
秋葉よりの入口閉じてるんですね~
初めての時はびっくりしましたよ
銀座線もう終わりかと
三越前駅寄り入口は開いてるのですが
そこまで歩いたら三越前まで歩いても大して変わらないので
今はもう慣れっこで秋葉帰り8時過ぎてたら
三越前まで歩く経路です
【2016/12/09 07:45】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
大きな駅だと、終電まで開いていない入口とか閉まっちゃってビックリですよね~。
治安の問題なのかもしれませんが。

神田から三越前は、ちょっとしたお散歩ですね。
酔い覚ましにいいかも(笑)。
【2016/12/12 07:30】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/2896-7917cbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる