妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
今日はイベントに出かけるので、桜はあんまり見られないかなぁ?
チャンスがあれば、どこかでちゃんと花見をしたいです。
みなさまも、楽しい日曜日を☆

IMG_0785 (480x480)
2017年3月4日は、2016年度下半期の最後の「妻家房 四谷本店」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は「山形うまいもん処 花笠庵」にランチ訪問しました。

「妻家房 四谷本店」についてはこちら → ◎◎◎
IMG_0669 (480x480)
この日のメニューは、キムチが「水キムチ」で、韓国料理が「チーズ海鮮チヂミ」です。 


先生はこの日の朝、キムチ教室のために韓国から帰国したとのことで、ちょっと風邪気味でした。
参加者が少なめでしたが、お父さんとお料理好きの男の子のお子さん親子が参加していて、他の参加者の方々から大人気(笑)。


【水キムチ】
IMG_0670 (480x480)
材料は全て卓上にセットされています。


水キムチとは日本的な言い方で、韓国ではナバクキムチというとのこと。
ナバクとは同じ大きさに切り揃えることで、材料全てを同じ大きさに切ります。
一番簡単なキムチですが、作り方はいろいろあるそうです。

IMG_0672 (480x480)
水キムチは具よりも水分のところを楽しむもの。
なので、いいお水を使います。

IMG_0673 (480x480)
この日使ったのは済州島のお水でした。

 

IMG_0671 (480x480)
「妻家房」で使われる野菜はいつもとても立派です。

この日の水キムチのメインの野菜は白菜と大根です。

IMG_0674 (480x480)
キムチなので野菜は必ず塩漬けにします。
白菜よりダイコンの方が塩漬けに時間がかかるので、まずはダイコンから準備しました。

IMG_0677 (480x480)
端を切り落として形を整え、3センチ角、厚さ5ミリに切ります。
家で食べる場合には端っこも切って入れちゃいます。

DSCF8634 (480x360)
こちらがお塩です。
「妻家房」では岩塩を使うので、粒がとても大きいです。
レシピで大さじ幾つ、と書かれている時は、すり切りしないとのこと。

溶けにくいので、野菜は洗ってぬれた状態で塩をふります。

IMG_0678 (480x480)
切った大根を大きなボウルに入れて塩をふり、全体的に混ぜ合わせ、重しは不要ですが、上から軽く押して、30分から40分塩漬けにします。
時々上下を返します。

IMG_0684 (480x480)
次は白菜です。
緑色の部分はあまり使いませんが、黄色い葉は使います。
緑色の葉よりも甘味があるとのこと。

IMG_0681 (480x480)
ダイコンと同じ大きさに切り揃え、厚みがあったら薄切りにします。

IMG_0686 (480x480)
ダイコンの入ったボウルに白菜を入れ、、、

IMG_0688 (480x480)
さらに塩をふり、水を上からふりかけます。
水キムチの場合は、白菜はあまり塩漬けせず、しんなりさせすぎないようにするとのこと。
10分から15分経ったら上下を返し、さらに15分置きます。
全体で30分から40分です。

IMG_0693 (480x480)
万能ネギはよく洗って2、3センチの長さに切ります。
これもダイコンの大きさに揃えます。

IMG_0689 (480x480)
セリは色が変わってしまうので、葉は使いません。
取って別に利用します。

IMG_0696 (480x480)
こちらもダイコンと同じく3センチぐらいに切ります。

IMG_0695 (480x480)
茎が太い場合には半分に割ります。

IMG_0699 (480x480)
生の唐辛子を使いますが、日本では手に入りにくいので鷹の爪や赤ピーマンでもいいそうです。
ただし、鷹の爪はかなり辛くなるのでご注意!
この生唐辛子は辛くなくて、むしろ甘味があるとのこと。

丸のまま種を抜くために、ヘタを切り落とし、手のひらでしっかり揉みます。

IMG_0702 (480x480)
そして下に向けてトントンすると、中の種が落ちてきます。
種をしっかり取り除かないと、水の部分がキレイに見えないとのこと。

IMG_0703 (480x480)
ちょっと厚めの輪切りにします。

IMG_0705 (480x480)
野菜の準備はこれで出来上がり。

IMG_0706 (480x480)
白菜もだいぶ水が出て来ました。

IMG_0707 (480x480)
大きなボールにお好みの量の水を入れ、唐辛子粉で色を付けます。
こんな感じの袋に、、、

IMG_0708 (480x480)
唐辛子粉を入れます。

IMG_0710 (480x480)
水に粉が入ってしまうとキレイではないので、こうやって色だけ移します。

IMG_0712 (480x480)
そんなに真っ赤っかにしなくてもいいそうです。

IMG_0713 (480x480)
とっても鮮やかな色になりました。

IMG_0733 (480x480)
ちなみに、実習の時は先生が全員分を作ってくれました。
こうやって透かしてみると赤ではなくオレンジ色に見えます。

IMG_0676 (480x480)
ニンニクとショウガは千切りにします。

IMG_0714 (480x480)
色を付けた水にニンニク・ショウガ・砂糖・塩を入れて混ぜ合わせます。
野菜にも塩がついているので、薄めにします。

IMG_0716 (480x480)
切った野菜を加え、、、

IMG_0718 (480x480)
さらに塩漬けした野菜を入れます。
野菜は洗わず、そのまま投入するとのこと。

IMG_0722 (480x480)
すぐに食べる時は、なんと!! サイダーを入れます。
この場合は砂糖を少し控えると良いとのこと。
サイダーを入れるときはお酢を入れるとサッパリしていいそうです。

IMG_0725 (480x480)
こちらで出来上がります。
白・赤・緑と、彩りがキレイ。

IMG_0726 (480x480)
味見をすると、確かにサイダーの味わいですが、しょっぱい味付けになっている!
ほんのりとした甘味に少し辛さがありました。

IMG_0732 (480x480)
キムチ壺に入れて完成です。
タッパーに入れても大丈夫です。
冷蔵庫に入れて3週間経つと食べ頃で、酸味が好きなら1ヶ月後がいいとのこと。
韓国人は酸味が好きなのでもっと長く置いているそうです。


【チーズ海鮮チヂミ】
IMG_0738 (480x480)
この日習ったお料理はチーズ海鮮チヂミです。
「チヂミ」とは方言で、韓国語では一般的には「ジョン」といいます。

IMG_0739 (480x480)
お料理は実習せず、先生が作るのを見ています。

IMG_0737 (480x480)
材料はこちら。

記事よりも具をたっぷり入れた方が美味しいとのこと。

IMG_0743 (480x480)
まずは野菜を切ります。
全て千切りです。

IMG_0744 (480x480)
赤ピーマンは、内側の白っぽい部分は取り除いてから、、、

IMG_0745 (480x480)
千切りにします。

IMG_0747 (480x480)
ピーマンも同様に切ります。

IMG_0750 (480x480)
タマネギは繊維にそって切るだけです。

IMG_0752 (480x480)
ニラは3センチぐらいで切ります。
太い部分は半分にします。

IMG_0755 (480x480)
野菜を切り終えたら、生地を作ります。
ボウルに小麦粉を入れ、、、

IMG_0754 (480x480)
水を加えます。
水キムチを作った済州島の水をこちらでも使いました。

IMG_0758 (480x480)
泡立て器で滑らかになるまでしっかり混ぜ合わせ、塩を加えます。

IMG_0762 (480x480)
野菜を投入し、混ぜ合わせます。

IMG_0753 (480x480)
フライパンに火を付けて、、、

IMG_0763 (480x480)
油を多めに入れます。

IMG_0767 (480x480)
温まったフライパンに具の入った生地を流し入れ、、、

IMG_0771 (480x480)
上に海鮮をトッピングします。

IMG_0776 (480x480)
チーズものっけてさらに焼きます。

火はあまり強くしないとのこと。

IMG_0778 (480x480)
生地をひっくり返したら、油を回しかけます。

IMG_0780 (480x480)
お好み焼きと違い、ヘラでしっかりと押しつけます。

IMG_0782 (480x480)
焼き上がり~!!

IMG_0783 (480x480)
ジョンは普通、四角に切りますが、、、、

IMG_0784 (480x480)
今日のはチーズをトッピングしているので、洋風にピザのように切りました。

IMG_0785 (480x480)
先生の作ったお料理で量が足りないので、上のレストランで作ったものを試食でいただきます。

ちなみに、レストランと先生のお料理では同じレシピのはずなのに、お味が結構違います(笑)。
私はほとんどの場合が先生の味付けの方が好きです。

IMG_0787 (480x480)
試食タイムです☆
いただきま~す。

IMG_0789 (480x480)
上のレストランで作ったものは生地が厚めで、チーズをのせた面は焼いていなかったです。

下の先生が作ったものは、薄くて野菜がたっぷり。
もちろん、美味しかったです。

IMG_0791 (480x480)
この日発表になった2017年上半期のスケジュールです。
興味のある方は、ぜひ!


チヂミは美味しく焼くのが結構難しいですが、チーズをのっけると味わいがしっかりするので、良い感じにマスキング出来るかも(笑)。


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇    

[キムチ] 
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日) 
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日) 
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日2016年2月6日) 
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日) 
キャベツキムチ (2008年7月5日) 
ナバク水キムチ (2008年10月18日) 
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日) 
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日) 
マッキムチ (2009年9月5日) 
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日) 
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日) 
菜の花キムチ (2011年4月2日) 
かぶキムチ (2012年3月3日) 
なすキムチ (2012年7月7日) 
オイペクキムチ  (2012年9月1日) 
トマトキムチ (2012年10月20日) 
ニラキムチ (2013年2月2日) 
ヨルムキムチ (2013年3月2日)  
ネギキムチ (2013年4月20日) 
イカキムチ (2013年4月20日) 
たけのこの水キムチ (2014年7月5日) 
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日) 
水キムチ (2015年10月17日2017年3月4日) 
ポッサムキムチ (2015年1月17日) 
きゅうりの醤油漬 (2016年5月21日) 

[韓国料理] 
ビビン冷麺 (2007年9月1日) 
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日) 
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日) 
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日) 
ノビアニ (2008年1月19日) 
カムジャジョン (2008年2月2日) 
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日) 
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日) 
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日) 
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日) 
オーサムプルコギ (2008年10月18日) 
韓国餅入りスープ (2008年12月6日) 
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日) 
ごぼうチャプチェ  (2015年1月17日) 
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日) 
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日) 
サバのキムチポッサム (2010年2月20日) 
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日) 
チャンチククス (2011年1月22日) 
緑豆ビンデトック (2011年4月2日) 
サムゲタン (2011年5月14日) 
ナムル (2011年9月3日) 
ナムル キンパプ  (2016年5月21日) 
キムチチョンゴル (2011年11月19日) 
カムジャタン (2011年12月3日) 
タッカルビ (2012年2月4日) 
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日) 
メクジョ (2012年3月3日)  
セカルビチム (2012年4月21日) 
デジカルビティギム (2012年5月5日) 
タッカンジョン (2012年7月7日) 
ビビンソミョン (2012年9月1日) 
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日)  
カルグクス (2012年12月1日) 
ジェユクポッサム (2013年1月19日) 
ジャンサンジョク (2013年2月2日)  
キンパ (2013年3月2日) 
サンチュ餅  (2013年4月20日) 
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日) 
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日) 
きのこのチャプチェ (2013年6月15日) 
テジプルコギ (2013年7月20日) 
タンピョンチェ (2013年10月5日) 
スンチェマンドゥ (2014年2月5日) 
マチム (2014年3月1日) 
豚プルコギ (2014年9月6日) 
鶏プルコギ (2014年11月1日) 
カルビチム  (2015年10月17日) 
ゆで豚肉ポッサム (2015年11月7日) 
キムチぎょうざ (2016年1月23日) 
豚肉と古漬けキムチのチム (2016年2月6日) 
パチヂミ (2016年3月5日)   
スンドゥブチゲ (2016年9月3日
カルビチム (2016年10月1日
ユッケジャン (2017年1月21日
ラポッキ (2017年2月4日
チーズ海鮮チヂミ (2017年3月4日

[伝統料理・宮廷料理] 2008年1月19日 

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット] 
1回目 2009年1月18日 
2回目 2009年12月29日 
3回目 2010年12月30日 
4回目 2011年12月31日 
5回目 2012年12月31日  
6回目 2013年12月31日 

[きのこプルコギ鍋とキムチセット] 2015年12月27日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2017年3月4日訪問時お店DATA 
***************************** 
妻家房 四谷本店 (さいかぼう) 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル 
電話 03-3354-0100 
営業時間 11:30~23:00 
定休日 なし 
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2017/04/02 00:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<タイの食卓 オールドタイランド GEMS市ヶ谷店  @市ヶ谷 | ホーム | 妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/3009-0cdc54f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる