四川担々麺 鑫満軒 @高田馬場
体重が下がらないまま2017年も5月の半ばまで来てしまったので、今朝は一念発起して土曜ですが早起きをしてジョギングに行って来ます!
体重が下がらないのも嫌なのですが、体力の低下も感じるのがもっと嫌。
週2回はしっかり走るよう、生活を建て直しま~す☆

本日は、マイブログ圏外の高田馬場にある「鑫満軒」のレポートです。

IMG_4385 (480x480)
2017年4月30日の日曜日。
この日は久しぶりに美容院のために高田馬場へ行きました。
いつも楽しみにしているのは、都内有数の激戦地区である高田馬場・早稲田界隈のラーメン店巡り。
この界隈のラーメン情報に詳しい担当の美容師さんから新店情報をもらったりするのですが、この日は時間がなかったので美容院からそれ程遠くない「四川担々麺 鑫満軒(きんまんけん)」へ。
IMG_4396 (480x480)
JR・地下鉄高田馬場駅から早稲田通りの左側を落合方面に向かって進み、松屋やセブンイレブンを超えた少し先に村山ビルがあり、お店はその1階です。

地図です。

IMG_4394 (480x480)
2016年12月12日にオープンしたこちらのお店は、担々麺の専門店だそうです。
それにしても、「鑫満軒」という店名、お金がたくさん満ちるようにという意味なのでしょうか、すっごくストレートな感じがしちゃってちょっとビックリ(笑)。

担々麺大好きなワタクシ、実は2016年12月30日にオープンの時間を狙って来てみたのですが、午前11時開店のところ11時4分なのにまだ空いていなくて、時間のなかった私は泣く泣くこの通りのもう少し先にある「朔」というラーメン屋さんに行きました(泣)。
いざ、リベンジ!!

IMG_4395 (480x480)
ご飯は食べ放題で、麺の大盛りは無料です。
中国語オッケーとの記載どおり、店員さんは全員中国の方っぽかったです。
でも、物腰も丁寧で、接客は全く問題ありませんでした。

IMG_4392 (480x480)
入口からすぐ左手に券売機があるので、先に食券を購入します。
以前はパクチーの入った重慶担々麺なるものがあったようで、かなり興味があったのですが、なくなっちゃったのかな。。。

同じボタンが並んでいるように見えますが、辛さや痺れなどが違うので、良く注意してみながら買わないといけません。

IMG_4376 (480x480)
四川の本場では汁なし担々麺が基本だと思うのですが、やっぱり汁有りが好きなので四川担々麺にしました。
初めてなので激辛はやめて中辛をチョイスし、当然、痺れはありにしました。
麺の量は並にするか大盛りにするか、店員さんが聞いてくれるので、大盛りをお願いしました。

IMG_4377 (480x480)
フロアはそれ程広くはなく、右に厨房があり、その前にカウンター席があります。
中国の方らしい店員さんは、最初男性一人で切り盛りしていましたが、その後もう一人来ていました。

IMG_4381 (480x480)
12時頃に入店したところ、先客1名、後客が数名。

IMG_4378 (480x480)
お得なスタンプカードもあるようです。

IMG_4379 (480x480)
私はカウンターの真ん中ぐらいに着席。
卓上にはお水の入った大きなポット、コップ、紙ナプキン、洗い箸、各種調味料が置かれています。

IMG_4380 (480x480)
座る時に食券を店員さんに渡し、セルフでお水を入れてお料理を待ちます。


四川担々麺 中辛 痺れ 麺大盛り (850円)
IMG_4382 (480x480)
しばし待って、四川担々麺が出て来ました。
いただきま~す☆

赤い雲のイラストが入った白いドンブリです。

IMG_4384 (480x480)
ダブルソーサーになっていて、間に白いレンゲが添えられています。

IMG_4385 (480x480)
中辛ですが、スープは赤くなくて茶色っぽいです。
生野菜と肉味噌がのせてあり、大盛りのはずの麺はほとんど見えません。
担々麺に生野菜が添えられているのは珍しいですね~。

IMG_4387 (480x480)
生野菜はたっぷりの水菜と小ネギです。
その上からたっぷりのすりゴマがかけてありました。
個人的にチンゲンサイより水菜の方が食べやすいし味わい的に好きかも。

IMG_4388 (480x480)
ひき肉を使った肉味噌も、スープと同じく赤くはなくて、茶色です。
味わいがちゃんと移るよう、スープの中にしっかりと混ぜ込みました。

IMG_4389 (480x480)
まずはスープを一口。
中辛ですが、それ程辛くはありません。
痺れも少し感じるぐらい。
でも、胡麻が驚くほど濃厚で、滅茶苦茶好みのタイプで美味しい~!!

IMG_4390 (480x480)
麺はストレートの細麺です。
茹でたて熱々で、かためでした。
大盛りにしたので量も多かったです。

IMG_4391 (480x480)
この写真、何を撮ったか思い出せない、、、(汗)。
沈んでいた赤唐辛子かな?!


スープがとっても美味しくて、ご飯を入れたら最高に美味しそうだけど、ぐっとガマン。
でも、カロリーのことは忘れて全て飲み干しちゃいました。
次回は激辛バージョンをご飯と一緒に食べてみたいです。
リベンジ成功!で、ルンルン気分で美容院へ行きました。


◇・◆・◇ 高田馬場・早稲田エリアの食べ歩き記録はこちらです↓ ◇・◆・◇ 

[ラーメン]
【閉店】さっぽろ 純連 東京店 (2010年2月13日) 
麺屋武蔵 鷹虎 (2010年8月14日) 
【閉店】二代目海老そば けいすけ (2010年12月12日) 
俺の空 (2011年3月6日) 
【閉店】中華そば べんてん (2011年7月23日) 
渡なべ (2012年2月5日) 
【閉店】博多長浜らーめん ぼたん 高田馬場店 (2012年4月14日) 
蒙古タンメン中本 高田馬場店 (2012年6月24日) 
自家製麺 鶏そば 三歩一 (2012年11月25日) 
鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店 (2012年12月24日) 
【閉店】天理スタミナラーメン 高田馬場店 (2013年10月20日) 
麺屋 宗 (2013年3月10日) 
本格中華麺店 光麺 高田馬場店 (2013年9月8日) 
【移転】らーめん からしや (2014年2月2日) 
野方ホープ 高田馬場店 (2014年3月8日) 
焼麺 劔 (2014年8月23日) 
油そば 力 (2015年11月15日) 
麺友 一誠 (2016年3月26日) 
鶏塩らーめん 鷹流 高田馬場店 (2016年5月28日
博多ラーメン ばりこて 高田馬場店 (2016年7月9日
廻麺 鶏千 (2016年10月30日
塩らーめん 朔 (2016年12月30日
四川担々麺 鑫満軒 (2017年4月30日

[それ以外]
L’AMITIE (2011年1月29日
源兵衛  (2016年6月10日
炭火焼鳥専門店 焼鳥はちまん (2016年7月30日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇





2017年4月30日訪問時お店DATA 
*************************** 
四川担々麺 鑫満軒 (きんまんけん)  
〒169-0075  
東京都新宿区高田馬場4-12-8 村山ビル1階  
電話 03-6908-8494
営業時間 11:00~25:00(L.O.24:30)   
JR・地下鉄・西武新宿線高田馬場駅より徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2017/05/20 00:00】 | 担々麺 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<中国料理 東昇餃子楼 市ヶ谷店  @市ヶ谷 | ホーム | 四ッ谷 胡桃屋  @四谷>>
コメント
そうそう、担々麺は辛いラーメンと思われがちですが
濃厚なゴマとすっきりしながらコクのあるスープの
うまい汁にびしっと辛いけど香りの高いラー油がたらり
これが真髄なのよね
なかなか理想の担々麺には出会えませんが
【2017/05/23 08:02】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
同意です。
担々麺は、辛さも欲しいですが、やっぱりゴマの濃厚でクリーミーで旨みたっぷりのスープを楽しむのが一番の目的。
汁がドロドロぐらいの方が好きかもです(笑)。
美味しい担々麺はそれなりに出会いますが、この一杯のために足繁く通いたい、と思わせるものはなかなかないですよね~。
でも、ここの担々麺はかなりお気に入りです。
【2017/05/25 07:36】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/3057-ed0922bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる