妻家房 四谷本店 【キムチ教室】  @四谷三丁目
この週末はお天気はあまり期待できなさそうで残念です。
今日はこれからジムに行って、たっぷり汗をかいてきます。
いいかげん、体重をしっかり落とさなければ!
みなさまも、楽しい土曜日を☆

IMG_1600 (480x480)
2017年4月15日は、2017年度上半期の最初の「妻家房 四谷本店」でのキムチ教室でした。
教室が始まる前にいつも四谷三丁目界隈のラーメン屋さん巡りをしていますが、この日は「麺庵ちとせ」にランチ訪問しました

DSC02722 (480x360)
この日のメニューは、キムチが「ねぎキムチ」で、韓国料理が「キムチチゲ」です。

「妻家房 四谷本店」についてはこちら → ◎◎◎


【ネギキムチ】
IMG_1543 (480x480)
韓国に一週間滞在し,この日の朝,日本に戻ってきた柳先生は,このキムチ教室などのために1キロのネギを20束も空輸してきてくれました。
もちろん,植物検疫は受けています。

見た目からして日本のネギとは違いますね~。
日本のものなら、万能ネギで作ると良いそうです。

IMG_1544 (480x480)
材料は全て卓上にセットされています。

IMG_1552 (480x480)
ネギキムチは塩漬けはせず、エキス漬けにします。
容器に入れたネギにイワシエキスを回しかけ、重しをせずに30分置き、上下を返してさらに30分置きます。

IMG_1553 (480x480)
根っこの太い部分にもしっかりエキスがつかるよう、ボウルを傾けると良いそうです。

IMG_1546 (480x480)
エキス漬けには時間がかかるので、先生があらかじめ準備していてくれました。
ものすごい量にビックリ!

IMG_1547 (480x480)
それぞれのグループに分けるため、、、

IMG_1549 (480x480)
こちらの秤で重さをはかって配って下さいました。

IMG_1551 (480x480)
ヤンニョムを作ります。
アミは水気を絞って細かく刻みます。

IMG_1555 (480x480)
タマネギ、リンゴ、ニンニク、ショウガをミキサーにかけて、ネギのエキス漬けで残ったエキスの中に投入します。

IMG_1556 (480x480)
粉唐辛子、梅エキス、砂糖を加え、しっかり混ぜ合わせます。
この段階で味見して、自分好みの味に整えます。

IMG_1558 (480x480)
ネギは葉と茎を一緒に食べるため、切らずに作ります。
茎は甘く、歯応えがあるとのこと。
切って作ってもいいそうですが、美味しくないとのこと(笑)。

IMG_1559 (480x480)
ネギ全体にヤンニョムが行き渡るよう、しっかりと混ぜ合わせます。

IMG_1562 (480x480)
こんな感じになれば、オッケーです。

最後にいりゴマをかけます。
好きならたっぷりと。

IMG_1563 (480x480)
本当は一本ずつ巻くのが理想ですが、それはとっても手間なので、1回分で食べきる量で巻き付けます。

IMG_1564 (480x480)
先生はちゃんと1本ずつ巻くそうです。
すごすぎる。。。
食べる時に、手間がかかりますが、一旦ほどいて一本ずつ巻くといいとのこと。
ワタクシにはムリ!(笑)

IMG_1571 (480x480)
すぐ食べることもできますが、ネギなのでとっても辛いとのこと。
先生、この時食べたら「すごい辛いよ~。」と言っていました(笑)。

DSCF0559.jpg
こちらはキムチ専用の壺。
プラスチックなどと違って陶器は空気を通すので、野菜の歯応えを長く保つことができます。

DSCF2234_201401310729128b6.jpg
フタを開けると、こんな感じ。
フタが平らなので、冷蔵庫に入れてもその上に物がのせられて、とっても便利です。

IMG_1574 (480x480)
すぐに冷蔵庫に入れ、1週間後ぐらいから食べられます。
酸味が出て来ますが、壺ならば、3ヶ月は置いて大丈夫とのこと。
タッパーは一ヶ月ぐらいしか保たないそうです。

この作り方で、タマネギキムチ、ニラキムチ、小松菜キムチなどが作れます。


【キムチチゲ】
IMG_1576 (480x480)
材料は全て卓上にセットされています。 
お料理は生徒さんは実習せず、先生が作るのを見ています。

IMG_1577 (480x480)
キムチチゲは、日本でもとってもポピュラーなお料理ですよね~。

IMG_1580 (480x480)
フライパンを温めて油を入れ、お肉を炒めます。
お肉は豚バラで、5ミリぐらいの厚みがあると一番良いのですが、この日は薄切りでフライパンにくっついちゃいました。

IMG_1581 (480x480)
白菜キムチは発酵したものを使います。
キムチが大きい場合には手で裂いて、お肉と一緒に炒めます。

IMG_1584 (480x480)
中火ぐらいだったかな?だったかな?

IMG_1585 (480x480)
しっかりと炒めたら、、、

IMG_1586 (480x480)
水を加え、強火で沸騰させます。

IMG_1588 (480x480)
タマネギはざく切り。

IMG_1592 (480x480)
長ネギは厚めの斜め切り。

IMG_1594 (480x480)
エノキはほぐします。

IMG_1595 (480x480)
沸騰したらタマネギと長ネギを入れ、味付けにみりん、ニンニク、牛ダシを加えます。
ニンニクはキムチに入っているので入れる必要はありませんが、好みで入れると良いそうです。
ちなみに、この時は入れました。

IMG_1596 (480x480)
薄く切った豆腐を表面に並べ、、、、

IMG_1598 (480x480)
残して置いたキムチの汁を入れます。
キムチの汁には乳酸菌がたっぷり入っているので、あまり火が通り過ぎないよう、後の方で加えます。

IMG_1599 (480x480)
野菜がしんなりしたらエノキを入れて味見し、醤油をお好みの量で入れます。
エノキは煮込みすぎるとぬめりが出てしまうのと、シャキシャキ感を残すため、後入れするとのこと。

IMG_1600 (480x480)
沸騰したら7・8分煮込みます。
美味しそう!

この日は火が弱かったので、エノキを一旦取り出し、最後にトッピングしました(笑)。

IMG_1602 (480x480)
最後に、好みで胡椒や粉唐辛子をふりかけます。

IMG_1605 (480x480)
楽しい試食タイムです。
この日はご飯もいただきました。

先生の作ったものだけだと足りないこともあるので、上の階のレストランのお料理が提供されます。
同じレシピで作っているはずが、結構味が違うことがあるのが面白いです(笑)。
私は先生の方の味付けの方が好きなことがほとんどです。

IMG_1606 (480x480)
いただきま~す☆

IMG_1607 (480x480)
お肉はとても柔らかく、味がよくしみていました。
程よい辛さと酸味で食べやすかったです。
とっても具沢山なので食べごたえもありました。


ソウルの有名店のキムチチゲを食べたことがあるのですが、お子様味覚の私には酸味がしっかりあり過ぎてちょっと苦手でしたが、このレシピはみりんを加えてあるせいか、ほんのり甘味もあって食べやすかったです。
手順は簡単なので、自分でも作ってみようっと!


◇・◆・◇・◆・◇ これまで習ったメニューはこちらです↓ ◇・◆・◇・◆・◇    

[キムチ] 
ソクバクジ(ソッバクジ) (2007年10月20日2014年2月5日) 
白菜の白キムチ (2007年12月1日2009年1月24日2012年2月4日) 
セロリキムチ (2008年2月2日2013年6月15日2016年2月6日) 
干し大根のキムチ (2008年5月10日2013年10月5日) 
キャベツキムチ (2008年7月5日) 
ナバク水キムチ (2008年10月18日) 
ごぼうキムチ (2009年2月21日2012年5月5日2014年4月5日) 
キャベツのソクバクジキムチ (2009年5月16日) 
マッキムチ (2009年9月5日) 
カラシナとネギのキムチ(カッキムチ) (2010年2月20日2014年3月1日) 
えごまの葉のチャンアチ (2010年6月5日) 
菜の花キムチ (2011年4月2日) 
かぶキムチ (2012年3月3日) 
なすキムチ (2012年7月7日) 
オイペクキムチ  (2012年9月1日) 
トマトキムチ (2012年10月20日) 
ニラキムチ (2013年2月2日) 
ヨルムキムチ (2013年3月2日)  
ネギキムチ (2013年4月20日2017年4月15日) 
イカキムチ (2013年4月20日) 
たけのこの水キムチ (2014年7月5日) 
白菜と大根の水キムチ(醤油味)  (2014年9月6日) 
水キムチ (2015年10月17日2017年3月4日) 
ポッサムキムチ (2015年1月17日) 
きゅうりの醤油漬 (2016年5月21日) 

[韓国料理] 
ビビン冷麺 (2007年9月1日) 
韓国風のさんまの煮つけ (2007年10月20日) 
韓国本場のサバのキムチ煮 (2007年10月27日) 
タラとあさりのメウンタン (2007年12月1日) 
ノビアニ (2008年1月19日) 
カムジャジョン (2008年2月2日) 
キムチとツナのチゲ (2008年5月10日) 
納豆チゲ:チョングッチャン (2009年9月5日) 
タチウオと大根の煮付け (2008年7月5日) 
タックメウンチム:鶏と野菜の辛み煮 (2008年9月6日) 
オーサムプルコギ (2008年10月18日) 
韓国餅入りスープ (2008年12月6日) 
ごぼうと春雨の炒め物 (2009年1月24日) 
ごぼうチャプチェ  (2015年1月17日) 
鶏肉のにんにくヤンニョム(薬念)焼き (2009年2月21日) 
ナスと牛肉のジョリム:煮付け (2009年5月16日) 
サバのキムチポッサム (2010年2月20日) 
たちうおとカボチャの煮つけ (2010年6月5日) 
チャンチククス (2011年1月22日) 
緑豆ビンデトック (2011年4月2日) 
サムゲタン (2011年5月14日) 
ナムル (2011年9月3日) 
ナムル キンパプ  (2016年5月21日) 
キムチチョンゴル (2011年11月19日) 
カムジャタン (2011年12月3日) 
タッカルビ (2012年2月4日) 
鶏肉と野菜の炒め物(タッカルビ)  (2014年7月5日) 
メクジョ (2012年3月3日)  
セカルビチム (2012年4月21日) 
デジカルビティギム (2012年5月5日) 
タッカンジョン (2012年7月7日) 
ビビンソミョン (2012年9月1日) 
かぼちゃのソンピョン (2012年10月20日)  
カルグクス (2012年12月1日) 
ジェユクポッサム (2013年1月19日) 
ジャンサンジョク (2013年2月2日)  
キンパ (2013年3月2日) 
サンチュ餅  (2013年4月20日) 
ワインサムギョプサル  (2013年4月20日) 
ワインサムギョプサルとネギの和え物 (2014年4月5日) 
きのこのチャプチェ (2013年6月15日) 
テジプルコギ (2013年7月20日) 
タンピョンチェ (2013年10月5日) 
スンチェマンドゥ (2014年2月5日) 
マチム (2014年3月1日) 
豚プルコギ (2014年9月6日) 
鶏プルコギ (2014年11月1日) 
カルビチム  (2015年10月17日) 
ゆで豚肉ポッサム (2015年11月7日) 
キムチぎょうざ (2016年1月23日) 
豚肉と古漬けキムチのチム (2016年2月6日) 
パチヂミ (2016年3月5日)   
スンドゥブチゲ (2016年9月3日
カルビチム (2016年10月1日
ユッケジャン (2017年1月21日
ラポッキ (2017年2月4日
チーズ海鮮チヂミ (2017年3月4日

[伝統料理・宮廷料理] 2008年1月19日 

[鹿児島県産黒豚キムチ鍋セット] 
1回目 2009年1月18日 
2回目 2009年12月29日 
3回目 2010年12月30日 
4回目 2011年12月31日 
5回目 2012年12月31日  
6回目 2013年12月31日 

[きのこプルコギ鍋とキムチセット] 2015年12月27日 

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ 


お店の名刺です↓
DSCF6589_20120512120207.jpg

DSCF6590_20120512120206.jpg





2017年4月15日訪問時お店DATA 
***************************** 
妻家房 四谷本店 (さいかぼう) 
〒160-0004  
東京都新宿区四谷3丁目10番25号 永明ビル 
電話 03-3354-0100 
営業時間 11:30~23:00 
定休日 なし 
地下鉄丸の内線四谷三丁目駅から徒歩1分
スポンサーサイト

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【2017/07/01 05:00】 | キムチ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<LA.TAVERNA  @市ヶ谷/麹町 | ホーム | スパイスHUB  @麹町>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/3058-45c72179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる