九  @麹町
長かった旅行も本日でついに終了です。
完全な浦島太郎さんになっているような気がするので、明日から仕事に対応できるか、かなり不安(汗)。
仕事は山積み状態なので、しっかり頑張らねば!

DSC02860 (480x360)
2017年7月11日は,お昼時に上司とOさんが不在だったので,先輩と二人で外へランチを食べに出ました。
先輩は急に行くことになったので特に行きたいお店がないとのことだったので,2017年6月23日にチャレンジして満員で入店出来なかった(ここの)」へリベンジしてみることに。
DSC01243 (480x360)
お店は日本テレビ通りがもう少しで新宿通りとぶつかるという場所で、地下鉄麹町駅4番出口のほぼ問面です。 

鮮やかな水色の瓦、オレンジの短い暖簾と、とてもポップな外観です。

地図です。

DSC01244 (480x360)
「九」と書いて「ここの」と読みます。

ぐるなびによれば、「豊かな瀬戸内海で水揚げされた海の幸を、匠の技にて日本料理に仕立てご提供いたします。旬の地魚や山菜など、季節をとらえた四季折々のお料理を、バリエーションに富んだ多彩なお酒とお楽しみください。」とのこと。

調べてもはっきりしませんでしたが、2017年になってからのオープンなのでしょうか。

DSC01245 (480x360)
お店の壁にはランチメニューが出ています。
2階には8席あるとのこと。

この場所には2009年6月4日2010年6月2日にランチ訪問した「二葉鮨」がありましたが、2016年8月5日に閉店しました。

DSC01242 (480x360)
日テレ通りには小さな文字だけのランチメニューが出ていました。

前回ランチ訪問したのは2017年6月8日だったので,約1ヶ月ぶり,3回目です。

DSC02031 (480x360)
フロアは狭く、細長い長方形で、右に厨房、左にカウンターがあります。

こちらはカウンター席です。

DSC01241 (480x360)
12時25分頃に到着したところ、1階は満席だったので、2階席に行くように言われました。
かなり細くて急な階段を登って行きます。
ここを何度も行ったり来たりする店員さんは、とっても鍛えられそう(笑)。

DSC01239 (480x360)
靴を脱いで部屋に上がります。
掘りごたつの大きな8人用のテーブルが1つ置いてあります。
以前と同様、壁際に置かれたカラフルでぶ厚いクッションは使っている人はいませんでした。

DSC02852 (480x360)
壁には夜のメニューが出ています。

内装はとても新しくてオシャレです。
和食っぽくありません。

DSC02853 (480x360)
私は入口側の一番手前側に着席。
卓上にはお水とお茶の入ったポット、お茶碗、小皿、お醤油、ガリ、爪楊枝が置いてあります。
お茶はセルフサービスです。

この写真で距離感がわかるでしょうか。
真ん中に置かれたお茶碗を取るのには、お隣の知らない方に声をかけないと行けないぐらい距離があって、少々気を使います。

DSC02849 (480x360)
割り箸と箸置きは予めセッティングされていました。

店員さんは、下の厨房に男性が一人、二階を担当する女性一人のお二人で切り盛りしています。

DSC01218 (480x360)
着席をすると、おしぼりをいただきました。

DSC01214 (480x360)
お茶をいただきながら、メニューをチェック。

DSC01209 (480x360)
メニューは海鮮系で5種類あり、お値段は999円から1,500円です。
限定メニューが1種類、レディース限定が1種類含まれています。

DSC01210 (480x360)
どれにしようかとても悩みましたが、滅多に来られないので、中トロとねぎトロとづけ鮪の3種類が食べられる三種丼をチョイス。



12時20分頃に入店したところ、ちょっと前まで小雨が降っているお天気だったからか,1階のカウンター席に数人ぐらいしかいませんでした。

私達は真ん中ぐらいの席に着席。
お店のご主人のほぼ真ん前でした。
カウンターの上にはお水の入ったポット、お茶碗,お醤油,小皿,ガリが置いてあります。

DSC02030 (480x360)
割り箸と箸置きは予めセッティングされていました。

内装はとても新しくてオシャレです。
和食屋さんっぽくありません。

2階席の様子は,前回の記事をご参照下さい。 → ◎◎◎

DSC02028 (480x360)
着席すると,おしぼりをいただきました。

ご主人でしょうか,厨房に男性が一人、サービス担当の女性一人のお二人で切り盛りしています。

DSC02851 (480x360)
お茶をいただきながら,メニューをチェック。

DSC01209 (480x360)
メニューは海鮮系で6種類あり、お値段は999円から1,500円です。
限定メニューが1種類、レディース限定が1種類含まれています。

DSC01210 (480x360)
この日はメニューが少し変わっていたのに、気付かなくて写真を取り損ねちゃいました(汗)。
確か、本日の海鮮丼ではなく、ばらちらしが2種類あったと思います。


サラダ
DSC02855 (480x360)
注文を終えると、すぐにサラダが出て来ました。
全てのメニューにサラダがついているようです。
小さな白いお皿に盛られていました。

DSC02856 (480x360)
野菜は水菜、サニーレタス、紫キャベツ、赤パプリカなどなど。
量はたっぷりで,白いフレンチドレッシングがかけてありました。

メインが出てくるとサラダを置くスペースがほとんどないので、すぐに食べることをオススメします(笑)。

この日はちょっとドレッシングが少なめでした。

DSC02864 (480x360) 
混んでいる時はお料理が出てくるのに少し時間がかかります。
この日は20分近くかかりました。


レディース限定 KOKONOプレートランチ (1,300円)
DSC02865 (480x360)
先輩には三種丼をオススメしたのですが、先輩は9種類のおかずをいただけるという、女子限定のKOKONOプレートランチをチョイス。

ご飯にはネギトロがのせられ、9種類のおかずがワンプレートで盛りつけられています。
今は亡き「出島厨房」の出島セットを思い出しました。

DSC02866 (480x360)
なんか、久しぶりに先輩のお料理を撮影したせいか、9種類あるのに6種類しか撮影できていませんでした(汗)。

先輩曰く、「ディナーの多皿は興味ないけれど、ランチの多皿は自分で絶対用意できないので食べてみたかった。」とのこと。
酢の物が美味しく、タコの燻製がとっても風味があってよかったとのこと。
ご飯のボリュームも多かったそうです。


ねぎトロ丼 (1,200円)
DSC02858 (480x360)
私は少量多皿系にはあまり興味がなく、たっぷりお魚を食べたかったので、漬け鮪丼かねぎトロ丼で悩んでねぎトロ丼をチョイス。

メインとお吸い物のセットで,小さめの長方形のお盆にのせられています。
いただきま~す☆

DSC02035 (480x360)
朱色の細いスプーンが添えられています。

DSC02862 (480x360) 
お味噌汁にはたっぷりの小ネギが浮かんでいて、アオサでしょうか、トロンとした食感でとっても美味しい~。
このお味噌汁が飲めるだけでも、このお店に来た甲斐がありました(笑)。

DSC02859 (480x360) 
「丼」とはいうものの、とってもオシャレな四角くて大きなお皿に盛られています。

DSC02860 (480x360)
ねぎトロが小高くタワーのように盛りつけてありました。
美味しそう~。

DSC02861 (480x360) 
コロンと丸められたワサビが丼のフチにのせてあります。
量はたっぷりめ。

DSC02867 (480x360)
かなり細く切った海苔や小ネギ、長ネギの薄切りなどがたっぷりと中央にトッピングしてあります。
長ネギは時折ピリ辛さを感じ、いいアクセントでした。

DSC02868 (480x360)
たっぷりのねぎトロに隠れちゃっていますが、ご飯も結構ボリュームがあります。

DSC02873 (480x360)
お醤油を入れる小皿もちょっと丸まった三角形でカワイイ~。
色は赤もあります。

ここでワサビを溶いて、全体に回しかけてからいただきました。 

DSC02877 (480x360)
ガリは卓上に置かれているので、、、

DSC02871 (480x360)
小皿にとるのではなく、直接添えちゃいました。

DSC02872 (480x360)
そんなに辛味がないので、さっぱりとたくさんいただけます。

DSC02869 (480x360)
鮮やかなピンク色の見た目のとおり、ねぎトロは脂がたっぷりとのっていて、本当に美味しかったです。
こちらのお店のマグロはかなりレベルが高く、しかもボリュームが多いので、本当に嬉しいです。
ねぎトロだけで単独で楽しんだり、ご飯と一緒に食べました。

DSC02874 (480x360)
お行儀の悪い写真になってしまって申し訳ないのですが、これ、ひとつながりになっています。
店主さんがちゃんと包丁で叩いて作っているんだな~というのがわかりました。

酢飯は穏やかな味わいです。
ただ、この日はかなり固まってしまっていて、小さなスプーンでほぐすというか、ギューッと差し込んで一口サイズにしないといけないぐらいだったのは、ちょっと残念でした。


それでも、先輩にもとっても気に入ってもらえて良かったです。
事務所からやや距離があり、お料理が出てくるのに少し時間がかかるので、なかなか訪問するタイミングが難しいですが、次回は漬け鮪丼をぜひ食べてみたいです。


◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇ これまで食べたメニューはこちらです。◇・◆・◇・◆・◇ 

ねぎトロ丼 (2017年7月11日
三種丼 (2017年5月18日
本日の海鮮丼 (2017年6月8日

◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇・◆・◇




2017年7月11日訪問時お店DATA 
**************************** 
 (ここの) 
〒102-0083  
東京都千代田区麹町3-4-1  
TEL 03-6380-9987
営業時間
[昼] 11:30~14:00
[夜] 17:30~23:00
定休日 日曜日,祝日
地下鉄麹町駅より徒歩2分  
JR・地下鉄市ヶ谷駅より徒歩6分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2017/07/18 00:00】 | 海鮮丼 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<EXCELSIOR CAFFE 市ヶ谷駅前店  @市ヶ谷 | ホーム | 番町 松月庵  @麹町>>
コメント
拙者はこれから年中浦島状態かもです
家に帰るとくたくたでお酒飲んじゃうとすぐ寝ちゃう
お客と話はするじゃない
まあ、正直薄い反応で
「怖い事件ですよね~(そんな事件あったんだ)」

あーこーゆー色々食べられる系
ビジュアル的に頼みがちですが・・・相方は
特に夏場はねぇ茄子がメインだったりするので
料理の大半がこっちに来てしまう
拙者は丼物とか頼みがちなので分けてあげるにも
限度があって
その後お腹空いたとか言われてこちらはお腹いっぱい
なのにカフェとか梯子するのよね
メニュー見てるとお腹いっぱいなのに
パフェとかタルトとか頼んでしまうバカ
なのにそのまま夜ご飯に突入とか
あるあるです
【2017/07/19 09:30】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
新しい仕事は、身体も心も慣れるまで少し時間がかかりますよね~。
夜番ならなおさら。
暑さも厳しくなってきたし、たくさん寝て体調を整えて下さいね!

相方さん、目で食べたくなってついつい注文しちゃう方なんですね~。
私もそういう知人が一人います。
普通の注文でも食べきれない量なのに、好きだからとラーメンのトッピングを追加したり、「カワイイ!」というだけでオーダーしてほぼ残しちゃうとか。。。
私は注文したお料理を残すことにちょっと抵抗感があるので、なかなかそういうことは出来ないので、そういうオーダーが出来る自由さがちょっと羨ましくもあります。
ただ、もし私がそういう無茶ぶりしたら、家人は引き取って食べてくれることは、よっぽどの好みの物でない限り多分ないので、自己責任を取らされるだろうなぁ(笑)。
相手の分も食べてあげたり、自分の分をあげたりする☆まがり★さんはとっても優しいですね☆
【2017/07/20 06:18】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/3115-ea025b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる