八仙花  @市ヶ谷[六番町屋台(仮称)]
壊れてしまったデジカメを買い直すまでのしばらくの間、iPhoneで写真撮影をしていたのですが、その時に使っていたスクエアサイズがすっかりお気に入り。
やっぱり、4:3よりも1:1の方が、単純にサイズが大きいせいか、迫力あるように見えると思うのですが、どうでしょう?
なので、デジカメを購入した後もスクエアで撮影を続けています。

DSC04538 (480x480)
2017年7月27日は,スケジュールが立て込んでいたので,事務所から近い「六番町屋台(仮称)」へお弁当を買いに行きました。
DSC04528 (480x480)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から日本テレビ通りの右側を麹町方面に向かいます。 2つ目の信号を右折、次の角を左折して少し先に行くとOHMAE@WORKビルがあり、その前に車が止まっています。
この少し先に「魚鷹」があります。

2017年5月頃からこの場所に移動販売がやって来るようになりました。

ビルの地図です。

DSC04530 (480x480)
木曜日に来たのは,多分初めて。
どんなお店なのかワクワクした到着したら,大好きなカレー☆☆☆

12時45分頃到着すると,先客2名,後客2名ぐらいでした。

DSC04549 (480x480)
この日やって来ていたのは「八仙花(はっせんか)」というお店で,キッチンカーで営業しているだけではなく,2017年4月1日には下板橋に実店舗がオープンしたとのこと。

DSC04550 (480x480)
公式HPはこちら → ◎◎◎
公式Twitterはこちら → ◎◎◎

DSC04529 (480x480)
基本メニューは2種類あり,お値段は500円か600円です。
本日(今週?)のカレーは2種類あり,お値段が600円か700円です。
この日はポークビンダルーち野菜キーマでした。
二種盛りをすることが出来て,お値段は700円。
ただし,ポークメニューにするとさらに100円プラスです。
大盛りはプラス100円,雑穀米はプラス50円です。

DSC04531 (480x480)
メニューは説明文だけでなくキレイな写真も添えられていて,とってもわかりやすいです。

折角なので,定番メニューのスパイシーチキンと,本日のカレーの中から辛口と書かれたポークビンダルーの二種盛りをチョイス。

DSC04532 (480x480)
ご夫婦でしょうか,お料理を担当する男性と接客対応の女性の2人体制でした。
お二人とも,と~ってもお若い!
六番町屋台(仮称)で複数の人数でオペレートしているのは,多分初めてじゃないでしょうか。
人が少なくて、接客の方がいるので、車周りの写真を撮るのがちょっと気恥ずかしくて、あまり撮れませんでした。。。

DSC04533 (480x480)
持ち帰り袋はよくある白いビニール袋です。

DSC04534 (480x480)
中から取り出すと,こんな感じ。
お箸などはいただかなかったです。

二種盛りの場合には,容器が二つに分かれていました。

DSC04535 (480x480)
一つは楕円形のルーとご飯が一緒に盛り付けられるタイプの容器で,フタは透明,下は白のプラスチック製です。
輪ゴムをかけているのは珍しい~。
細やかな心遣いですね。

DSC04537 (480x480)
もう一つのカレーは丸いプラスチック製の容器に入っていて,同じく,フタが透明,下が白です。


二種盛り スパイシーチキン・ポークビンダルー (800円)
DSC04538 (480x480)
いただきま~す☆

スケジュールの都合でいつもと違う場所で食べていたのですが,ここで撮影するとすごく白っぽく写ってしまって残念(泣)。

DSC04541 (480x480)
メインの容器は3つのパーツに分かれていて,それぞれ,カレーのルー,ご飯,ピクルス?が入っています。

DSC04545 (480x480)
雑穀米にはしなかったですが,ご飯には茶色っぽい粒の麦?が入っていました。

DSC04543 (480x480)
お口直しのピクルスは,緑・赤・黄のピーマンです。
記憶がハッキリしないのですが,やや甘めな味付けだったような。。。

DSC04542 (480x480)
まずは定番のスパイシーチキンから食べました。
チキンはほぐしてあります。

DSC04546 (480x480)
食べてみると、すっごくスパイシーでしっかりと辛くて美味しい~。
思いがけず、本格的な味わいにビックリ。
このメインのスパイス、すごく食べたことがある味わいだけど、何だか思い出せない、、。
自分のバカ舌にガッカリ(汗)。

DSC04539 (480x480)
お次は今日の(今週の)カレーであるポークビンダルーを食べました。

DSC04540 (480x480)
お店の説明によれば,
「ポークビンダルーとは,豚肉をお酢で煮込んだ辛口のカレーです。
ゴロゴロと入った豚肉は食べ応えバツグンです。
赤唐辛子を使用することであと引く辛さ,美味しさが楽しめる一品です。
旨辛なポークビンダルーは,ご飯が進みます。」
とのこと。

DSC04548 (480x480)
こちらは「辛口」と書かれているだけあって、定番のスパイシーチキンカレーよりもさらに辛く、スパイスのおかげで、ものすごく刺激的な味わいです。
食べていたら身体の内側から熱くなり、汗が出ました。
お肉もほどよい歯応えがあって滅茶苦茶美味しかったです。


本格的なスパイシーカレーに大・大満足です。
この界隈ではタイカレー以外はなかなかお気に入りのカレーがなかったので、これから通い詰めちゃいそうです。
先輩にも教えてあげなきゃ!


お店の名刺です↓
DSC04549 (480x480)

DSC04550 (480x480)





2017年7月25日購入時お店DATA 
****************************** 
[仮称:六番町屋台]
八仙花 
〒102-0085  
東京都千代田区六番町1-7 OHMAE@WORKビル前 
営業時間 昼間のみ 
営業日 木曜日 
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩5分

〒170-0011 
東京都豊島区池袋本町4-17-6 
電話番号 03-5927-8518
営業時間 
[昼] 11:30~14:00(L.O.)
[夜] 17:00~22:00(L.O.)
営業日 月曜日 
東武東上線下板橋駅から徒歩2分
スポンサーサイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2017/08/03 05:00】 | カレー | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<四谷 志乃多寿司 & 餃子酒場 四谷本店  @四谷  | ホーム | RESTAURANT KEN  @代々木>>
コメント
1:1アスペクトは実は数十年前の
120ブローニーフィルムで使われてた
比率の復刻なんですねぇ
ハッセルブラッドとかマミヤのレンジファインダーカメラ
120フィルムで12カット220フィルムで24カット
数年前高級コンデジがコンデジの主流になり始めるころに
採用する企業が増えたと記憶します

しっかり辛うまカレーいいですな
独自のスパイス配合きになります

【2017/08/03 10:22】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
へぇ~、1:1の歴史はとっても古いんですね~。
私が知ったのはスマホだったので、
新しい規格なのかと思っていました(汗)。

こちらのカレー、久しぶりにバシッとインパクトのあるスパイシーカレーを食べられてとっても嬉しかったです。
【2017/08/07 06:06】 URL | なお #-[ 編集]
女性カメラマンを中心に
ヨーロッパのローライってカメラが数年前人気で
お客さんの中にも居て向こうに撮影で行った際に
中古でローライのレンズ買って来たけどピントが合わない
って修理に来たの
で、職人さんで古いカメラを得意にしてる人のとこに
出したの
そしたら、二つの全然違うレンズを二個一に組み合わせてるだけだから
ピントが合わないのは当たり前って言われてしまった事が
ゴールデン街のママでやっぱ写真が好きな人が居て
写真展やったりもしてる本格的な人なんだけど
やっぱローライのカメラ使ってましたね
1:1は女性が好むのでしょうか
【2017/08/07 09:34】 URL | ☆まがり★ #-[ 編集]
☆まがり★さん、こんにちは。
へぇ~、そんなことがあったんですね~。
私としては単に写真が大きい分だけ迫力が増すからいいなぁと思っているのですが、他にも何か感性に訴えかけるものがあるのでしょうか。
食べ物が美味しそうに写ってくれればそれで良し!です(笑)。
【2017/08/08 07:36】 URL | なお #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nao0522.blog100.fc2.com/tb.php/3127-105daecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
四谷・市ヶ谷で美味しいランチ♪


四谷・市ヶ谷近辺のランチ日記です。 時にはちょっと離れた四谷三丁目のお店やディナーも紹介しちゃいます。

プロフィール

なお

Author:なお
市ヶ谷寄りの四谷で働く会社員です。
食べること・飲むことが大好きなので
いつも美味しい情報を探しています。

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる